ホーム | コラム | 樹海 | 身近な人を失う怖さと悲しみ

身近な人を失う怖さと悲しみ

コロナから回復した医療従事者。ブラジルでは、回復者7人につき1人の死者が出ている(Ingrid Anne – HCM)

 1月下旬の手術予定日の直前、息子が急に「僕を置き去りにしないよね」と聞いてきた。「する訳ないでしょ」と笑い飛ばしたが、その態度から「何か起きたら」と案じているのが分かった。その時は病院側の連絡ミスで手術は延期された。
 2度目の予定日はコロナ感染が騒がれだした3月で、今度は娘達も揃って、「コロナが流行っているのに手術なんて危ない」と言ってきた。「失明しないためにも必要」と言うと、渋々納得したが、結局、その時はコロナのため、手術は延期。仕事も在宅になった。 
 だが、在宅勤務になっても、ハイリスクの親を持つ子供達の心配は尽きない。「スーパーしか行かなかった人が感染して死にかけた」「危ないから食料品も配達を頼め」などという娘達の忠告を聞いていた息子は、普段から速度が遅いインターネットがいきなり切れてしまった時に、「仕事をしに会社へ行く」と言うと、「もし感染したら…」と渋った。
 日曜の夜に停電し、回復に1日半かかった時は、息子が発電機を調達してくれた。インターネットと電話が使えなくなった時、自分の携帯電話をWi―Fiとして使い、何としても外に出させまいとしたのも息子だ。
 どんな理由であれ、家族などの身近な人を失う怖さや悲しみは大きい。病状急変や事故などで起きる突然の死でなく、進行が遅い病気だと心の準備が出来る。だが、心の準備が整ったとしても、悲しみが早く癒えるわけではなく、前々からの心の準備期間を入れれば、苦しみや不安の時間はむしろ長びく。
 ブラジルでは既往症の有無や年齢に関係なく、3万人超がコロナで亡くなった。父を失ってから、大統領への支援をやめてコロナ対策を批判するようになった元ボルソナロ派市議や、医療従事者である息子のための祈りを求めた人、感染者や死者の背後で泣く人や鬱に陥った人、闘病後に現場復帰した84歳の女医の事なども思う。「1日も早いコロナ終息を」と願う毎日だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]
  • 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし2020年10月14日 《ブラジル》行政改革は来年に持ち越し=下院議長が見解を示す=経済省も税制改革先延ばし  マイア下院議長(民主党・DEM)が11日、行政改革は2021年に持ち越されるとの見解を示したと同日付現地紙サイトが報じた。経済省も9月末に、選挙が近い事などを理由に諸改革にまつわる動きを止めているため、税制改革も来年以降になる見込みだ。  マイア議長の発言はグローボ […]
  • 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり2020年10月14日 《ブラジル》コロナ死者数15万人突破=3週連続で感染減少だが高止まり  世界保健機関(WHO)は13日、ブラジルでのコロナ感染が減速傾向にあるとの見解を表明した。ただし、ブラジルの感染者や死者は今も高どまりの状態にあり、12日の感染者は510万3408人、死者も15万689人に達している。  WHOの見解は13日付のTVニュースなど […]
  • 東西南北2020年10月14日 東西南北  12日の「子供の日」直前の10日、新型コロナの感染拡大で3月21日から営業を停止していたサンパウロ大都市圏の伝統的な遊園地シダーデ・ダス・クリアンサスが営業を再開した。サンパウロ大都市圏と他の5地区は外出規制が第5段階中の4番目の「緑」になり、文化施設などの営業再開が可能とな […]
  • 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2020年10月14日 特別寄稿=激戦となったサンパウロ市議会選挙=55議席に候補者2千人=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  11月15日投開票でブラジル各市町村の首長と議会(議員)の選挙が行われます。  4年に1度の今回の選挙は、新型コロナウィルスのパンデミック下での選挙なので、集会などの選挙運動は行われず、従来と相当異なった選挙結果が出ると思われます。  私共に身近なサンパウロ市議会 […]