ホーム | 日系社会ニュース | 日系社会言語研究の先駆け=森教授らが著書を出版
10年越しの研究成果。これから3冊目に取り掛かる
10年越しの研究成果。これから3冊目に取り掛かる

日系社会言語研究の先駆け=森教授らが著書を出版

 日系・沖縄移民社会における日本語の諸相を探る『日系移民社会における言語接触のダイナミズム―ブラジル・ボリビアの子供移民と沖縄系移民』(318頁、7千円、工藤真由美・森幸一編著)が、8月中旬に大阪大学出版会から上梓された。
 同研究は文科省の補助金事業「21世紀COEプログラム」の一環で、02年に工藤真由美阪大名誉教授の主導で開始した。ブラジルとボリビアの日系3世代600人を対象に、言語生活調査や談話収録を実施。子ども移民と沖縄移民に焦点を当て、日語、沖縄方言、ポ語、スペイン語の言語接触(2種以上の言語が影響しあうこと)と言語移行について分析した。
 調査の全貌と成果の一部は『ブラジル日系・沖縄系移民社会における言語接触』(ひつじ書房)として09年に1冊目として刊行した。今回のが2冊目になる。今後は調査地域で話されている日語と沖縄方言の特徴を談話収録から分析し、3冊目にまとめる。
 いずれもポ語に翻訳した上で、今度はブラジル人研究者と共に、日系社会で話されているポ語の研究に取り掛かる。
 共同研究者の一人である森幸一サンパウロ大学教授は、「日系社会の学術的言語研究がなされたのはこれが初めてで、世界にも類を見ない」と研究の価値をアピールした。
 購入希望者は森さん(11・2948・1231)まで。郵送料込み150レアルで、阪大から直接郵送してもらえる。


□関連コラム□大耳小耳

 森幸一USP教授が阪大メンバーと進めている言語研究は、沖縄県民に着目した言語研究としても先駆的とか。そのためサンパウロ市ビラ・カロンで行なった現地調査では、「初めてウチナー口を研究してくれる」と地元の人が泣いて喜んだという。調査は地元民の協力で成り立つ現地参加型で、貴重な資料は各地域に還元された。これから談話収録分析、ポ語の調査と仕事は目白押し。「関心のある若手を見つけて引き継いでいかないと」と後継者育成がこれからの課題のようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日ブラジル人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • サンパウロ=州全体で25日休日に=26日付休刊のお知らせ2020年5月23日 サンパウロ=州全体で25日休日に=26日付休刊のお知らせ  サンパウロ州政府によるコロナウイルス感染拡大対策の一環として、7月9日(木)の護憲革命記念日の祝日を、5月25日(月)に前倒しにすることが決まった。  今週は、サンパウロ市だけ20日(水)を6月11日の聖体祭の前倒しとして臨時祝日にし、翌21日(木)を11月20日の黒人尊厳 […]