ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 8日、サンパウロ市南部グラジャウーで、14歳のスザーネ・パウリーノ・ダ・シウヴァさんが自宅で何者かに金槌で頭を殴られ、死亡する事件が起きたが、21日、スザーネさんと同じ学校に通う15歳の女子生徒が市警で事情聴取を受け、自分が殺したと自供した。この少女は事件直後からスザーネさんが身に付けていた服や宝石を身に着けはじめたため、学校で怪しまれ、生徒たちが警察にそのことを伝えていた。少女は犯行に至った動機を、スザーネさんがクラスの人気者だったのを妬んだためだと答えた。犯行当日、スザーネさんは気分が悪いと学校を早退、少女は見舞いに行くのを装って家に上がりこんだという。
     ◎
 サンパウロ市パウリスタ大通りの有名ビル、サンパウロ工業連盟(Fiesp)の入り口前に、巨大なアヒルの人形が突如出現した。これは、同連盟主導による増税反対のキャンペーンの一環。なぜアヒルなのかというと、「他人のせいでつけをかぶる」の意味のブラジルの俗語「パガール・オ・パット(アヒルを払う)」にかけたためだ。「連邦政府の失政のために、一般国民の負担が増えるなんて」というメッセージだ。抗議にもユーモアがあるのがブラジル式だ。
     ◎
 きょう23日はサッカーのブラジル杯の準々決勝第1試合が4箇所で行われる。サンパウロは本拠地モルンビでヴァスコ・ダ・ガマと、サントスはフィゲイレンセと、パルメイラスはインテルナシオナルとそれぞれ敵地で対戦する。もう1試合はフルミネンセ対グレミオだ。30日に第2試合が行われ、合計スコアで4強が決まる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年12月3日 東西南北  ボウソナロ大統領が11月29日に行った「アマゾンの森林火災はレオナルド・ディカプリオに原因がある」という発言は、この週末、国際的な報道機関のみならず、芸能メディアでも報じられるなどして一般大衆にも広がり、「では、ブラジル海岸部に漂着した油はタイタニック号から来たのか」「どおり […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2018年9月15日 東西南北  ここ1週間ほど、連日のようにボウソナロ氏のニュースが報じられているが、6日に起きたボウソナロ氏刺傷事件の真相をめぐり、同氏の熱心な支持者たちが、警察に頼らずに自分たちで捜査を行おうとしており、連邦警察が遺憾に感じ、事態を心配しているという。メディアの情報からは、同氏の支持者た […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]