ホーム | 日系社会ニュース | 本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方

本紙限定割引有り=カレー屋が居酒屋に!?=目指す日本風の呑み方

 聖市ジャルジン・パウリスタ区にあるカレー専門店「Kare House」が8月から、木、金曜日の夜間限定で居酒屋営業を始めている。オーナーの池上カシオ智朗さん(42、三世)はデカセギ時代に親しんだ、「何品も頼んでお酒を飲む日本の居酒屋スタイル」を当地で再現しようと、意欲を燃やしている。本紙では割引券も配布中。
 メニューは枝豆や唐揚げ、揚げ出し豆腐など定番の10数種類。一品16レアル均一で三品頼むと40レになるサービスも。キリン「一番絞り」など10種のビールに日本酒、焼酎も常備している。
 カシオさんが料理に目覚めるきっかけの一つとなったのが、デカセギ時代に見た料理番組「どっちの料理ショー」。「日本料理がとても魅力的に感じて、自分で作ってみたくなった」という。
 帰伯後は料理学校に通い、卒業後は日本食店で日本人料理人の下、腕を磨いた。料理長にまで上り詰め2013年11月に独立。メニューの多くは板前時代に学んだが、焼き茄子は「母から教えてもらった家庭の味」だ。
 これからの忘年会シーズンに向けて本紙サイトのレストランコーナーで、ビール(9レ)と唐揚げ(16レ)が無料になる割引券を配布中(当記事の切り抜きでも可)。一人につき一枚使用でき、期限は年内まで。注文時に提示すること。

 要望に応じた宴会用メニューにも対応でき、最大50人まで収容。店の詳細は次の通り。
 住所=Alameda Campinas, 234 – Jardim Paulista、営業時間=木、金曜の午後5時半から同10時まで(昼の営業は月~土曜の午前11時から午後4時まで)。
 宴会などの予約は同店(11・3142・9866、日本語対応可)まで。

 

□関連コラム□大耳小耳

 本紙ホームページに10日から新設される「レストランコーナー」には、紙面で取り上げたレストラン情報がまとめられている。『Kare House』の様な割引券付きの記事も更新予定なので、こまめにチェックして欲しいところだ。それにしても、今回の割引券はビールと唐揚げ無料の25レ分。1人につき1枚使えるというからまた凄い。この出血大サービスは年内までなので、お忘れなくどうぞ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 一番売れ筋のクレープ・エスペシャルを手に石川さん2015年2月28日 現代日本風商売が次々に=青年たちが果敢に挑戦  うどん、お好み焼き、弁当などデカセギ世代が日本の色々な今風の食文化導入を試み、新しい商売が栄枯盛衰を繰り返している。中でも今回紹介するのは、珍しく日本式クレープの「Hachi」と、デカセギ経験はないがアニメや特撮戦隊モノが大好きでパンク系和風居酒屋「IZAKAYADA」ま […]
  • (左)料理長グスタボさんと(右)ホール長フランキさん2014年11月18日 シュラスコの国にヤキニクを=日系兄弟従兄弟ら4人挑む  「日本の食文化は寿司だけじゃないことを紹介したい」―。そんな想いを共有する日系三世のタムラ・マルシオさんとアレシャンドレさん兄弟、従兄弟のアダルベルトさんに加え、その幼馴染グスタボ・スガワラさんの4人が、今年1月に聖市東部タツアペに日本式焼肉レストラン「TAKASU29」 […]
  • 自慢のお好み焼きを手に店主の簗瀬さん2014年11月4日 帰伯者が日本の大衆料理導入=お好み焼専門店等を開業=08年大量帰国以後続々と  かつてお好み焼き専門店といえば、聖市エステダンテ街の『道頓堀』が有名だったが閉店して久しい。そこへデカセギ帰りの簗瀬マルセロさん(40、二世)が先月8日、新たに『焼き屋』をオープンした。同店主はデカセギ時代に味わった本場の味を当地で再現しようと奮闘中だ。伝統的で高価な寿司 […]
  • 水本良夫さん2014年10月16日 伯国初の讃岐うどん店=「Meu Gohan」開店=水本店長のこだわり光る  ブラジル初の讃岐うどん専門店『Meu Gohan』が、9月14日に聖市ヴィラ・クレメンチーノ区にオープンした。麺は手打ち、スープ原料は全て日本から取り寄せというこだわりだ。店長の水本良夫さん(33、三世)は「ゆくゆくはラーメンなどメニューも増やす計画。日本の味を出して行き […]