ホーム | 連載 | 2015年 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(58)

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(58)

アサイ友の会の会館

アサイ友の会の会館

アサイとトゥレス・バーラス

 1944年、市街地アサイはムニシピオに昇格した。周辺の区の多くは、その新ムニシピオに編入された。が、区の全部または一部が、隣接する別のムニシピオに編入された所もあった。その結果、トゥレス・バーラス移住地は、幾つものムニシピオに分割された。
 今日、一般的には「トゥレス・バーラスが改称してアサイになった」と思い込んでいる人が多いが、事実は右の通りである。
 ただ、地元の日系社会は、その後、アサイという言葉を、トゥレス・バーラス移住地の総てを指して使用するようになった。
 さらに移住地の外縁に──ブラ拓とは関係なく──幾つかの日本人の入植地ができた。これも連合日本人会に参加、区、セッソンと呼ばれた。自然そこもトゥレス・バーラス移住地ということになった。従って、アサイという言葉は──ムニシピオは違っても──これも含めて使用されるようになった。
 本稿で右に倣い、以下「アサイ」で統一する。

ここでも、同胞社会に亀裂

 1945年8月、戦争は終った。が、戦後も枢軸国人の取締令は生きていて、セボロン区で日本の国旗を掲揚した咎で、区会の役員5人が拘引された。以後、取締りは徐々に緩和された。それに伴い、日本人会、青年団、小学校(日本語)が息を吹き返した。
 1950年以降、資産凍結令も解け、企業に対する監察は終わり、経営者や管理職者も──ブラジル人が送り込まれていた場合は──日本人に戻った。
 ただ(サンパウロ市の)ブラ拓本部は戦中、清算命令を受け、業務は停止していた。そのまま戦後、解散した。移住地の事務所も同じだった。しかし元々、入植者による自治を目指し、それが進展していたため、大きな影響はなかった。
 アサイは再出発しつつあった。ところが、他地域と同様、ここでも、同胞社会に亀裂が走った。戦勝派と敗戦派の対立である。日本人会や青年団、日本語学校が二つできた区もあった。連合日本人会、青年聯盟も割れた。
 前出のペローバ区の清水家では、父親が祖国の敗戦報を聞いて泣いた。父が泣いたのは初めてだった。家族も敗戦を認識、長男が区の青年団の会報に「日本は負けた。だから日本に助力しなければならない」という趣旨の投稿をした。
 すると清水家の息子たちは皆、青年団から除名された。区会からも清水家は除名された。区の住民の殆どは戦勝派だったのである。除名は数年続いたが、息子たちが通っていた夜学の先生が、解除運動をしてくれ元に戻った。
 勝ち負けの対立に関連、ペローバ区では撃合いも起きた。戦勝派だった住民が敗戦派に変わったということで「裏切り者」と追及され、危険を感じ逃げだした。清水農場の傍まで逃げてきた。それを追ってくる者がいて、撃ち合う銃声が聞こえた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認2021年3月5日 《サンパウロ市》対面授業再開で感染悪化=116校で感染者や死者確認  新型コロナ感染症による入院患者が新記録を更新し、集中治療室(UTI)占有率が高まる中、サンパウロ市の公立校教師達が対面授業の中止を求めている。  サンパウロ市公務員組合(Sindsep)によると、2月15日の対面授業再開以来、116校で生徒や教職員計335人が感染し […]
  • 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も2021年3月5日 《ブラジル》コロナ死者1910人/日で悲しい新記録=新規感染者は全世界の25%も  新型コロナは感染拡大が進み、3日は1日の死者が1910人(保健省統計)にまで増加した。新規感染者は保健省統計で7万1704人という多さで、米国を上回る世界1位だったと3~4日付現地紙、サイトが報じた。  保健省による3日現在の死者累計は25万9271人で、7日間の平 […]
  • 東西南北2021年3月5日 東西南北  6日午前0時より、サンパウロ州全域でコロナウイルスの外出規制が最低の赤レベルとなる。これで必要最低限の商業活動のみしかできなくなった。このところ連日のように、「死者、感染者が過去最大」と報じられているにも関わらず、街に繰り出してイベントやパーティをやっていた人たちの自覚を促す […]
  • 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和2021年3月5日 特別寄稿=新移民の頃の事ども=サンパウロ市 村上 佳和 「行け行け南米新天地」のポスターを見て  八十歳を迎え、移住してより、六十年。世界中がコロナ禍で旅行も出来ず、外出も控えて、家でゴロゴロして居る今日この頃である。早くコロナが終息する事を祈りながら、暇にまかせて、新移民の頃を思い返してみよう。  高校最後の夏休み […]
  • のうそん誌半世紀の歴史に幕=終刊時でも読者800人2021年3月5日 のうそん誌半世紀の歴史に幕=終刊時でも読者800人  農村に住む人ために発刊された「のうそん」(日伯農村文化振興会発行、責任者=永田久)が、289号(2018年7月)を最後に終刊となり約50年の歴史に幕を下ろしていた。電話取材に応じた永田美知子さん(88、栃木県)は「最後のほうは読者は800人くらい」と振り返った。 […]