ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日報じたように、ルーラ前大統領の親友、ジョゼ・カルロス・ブンライ氏が逮捕された。「疑惑の人物」として浮上したのが10月の中旬だったから、わずか1カ月あまりの早い逮捕となる。何事にも時間がかかるブラジルとしては、異例の仕事の早さと言えるかもしれない。これで気になるのは労働者党(PT)内の求心力だ。ただでさえ、エドゥアルド・クーニャ下院議長の議員罷免に関し、PTの倫理委員たちが同党首脳から、ジウマ大統領罷免阻止と引き換えに「穏便に」と命じられていることに不満を覚えていると報じられていた矢先だ。この先の党内の不満分子たちの動きにも注目か。
     ◎
 12月19日より、軍警はサンパウロ州海岸部の都市に対し、毎年恒例の「オペラソン・ヴェロン(夏の取締り)」を行うが、今年ははじめて、対象都市にクバトンが加わることとなった。この取締りにはこれまでもサントスやグアルジャーなどが参加していたが、今回のクバトン市加入で参加都市は12市となった。ただ、配備される軍警の数は40人と、参加都市中2番目に少ない数となる。いずれにせよ、強盗被害減少に成果をあげることに期待したい。
     ◎
 きょうはサッカーのブラジル杯決勝、サントス対パルメイラスの第1戦が、サントスの本拠地ヴィラ・ベルミロで行われる。来週の第2戦とあわせ、勝者が来年のリベルタドーレス杯に出場できる。試合の行方はもちろんだが、先日はパルメイラス・ファンがサントス・ファンを撲殺する事件も起こっているから、ファンの警備の方も気になるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、サンパウロ市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジサンパウロ市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及 […]
  • 東西南北2018年5月3日 東西南北  本日付本面で報じているサンパウロ市セントロの大火災は、そのショッキングな炎上の光景も重なり、1日のブラジルのニュースを独占した。その影響もあり、本来ならトップで報道されているはずのメーデーのイベントがすっかり影が薄くなってしまった。それに輪をかけるように、サンパウロ市のカンポ […]
  • 東西南北2018年4月18日 東西南北  パラナ州クリチーバでルーラ元大統領のためにキャンプを行う団体が大量にいることは昨日付本紙でも報じたが、ルーラ氏が彼らに対して手紙を書き、グレイシ・ホフマン労働者党(PT)党首が16日に支持者の前で読み上げた。ルーラ氏は「私は司法機関を信じているが、無実で捕まった多くの人たち同 […]
  • 東西南北2018年4月7日 東西南北  5日夜、ルーラ元大統領への逮捕命令が出たことで、ブラジルは6日にかけて騒然となった。ブラジルが未曾有の好景気に沸いたルーラ政権下に、このような事態を想像した人がいただろうか。労働者党(PT)はルーラ氏の逮捕に関して、「ガンジーを捕まえるようなものだ」とまで言い切り、同氏が大統 […]