ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 本日報じたように、ルーラ前大統領の親友、ジョゼ・カルロス・ブンライ氏が逮捕された。「疑惑の人物」として浮上したのが10月の中旬だったから、わずか1カ月あまりの早い逮捕となる。何事にも時間がかかる伯国としては、異例の仕事の早さと言えるかもしれない。これで気になるのは労働者党(PT)内の求心力だ。ただでさえ、エドゥアルド・クーニャ下院議長の議員罷免に関し、PTの倫理委員たちが同党首脳から、ジウマ大統領罷免阻止と引き換えに「穏便に」と命じられていることに不満を覚えていると報じられていた矢先だ。この先の党内の不満分子たちの動きにも注目か。
     ◎
 12月19日より、軍警は聖州海岸部の都市に対し、毎年恒例の「オペラソン・ヴェロン(夏の取締り)」を行うが、今年ははじめて、対象都市にクバトンが加わることとなった。この取締りにはこれまでもサントスやグアルジャーなどが参加していたが、今回のクバトン市加入で参加都市は12市となった。ただ、配備される軍警の数は40人と、参加都市中2番目に少ない数となる。いずれにせよ、強盗被害減少に成果をあげることに期待したい。
     ◎
 きょうはサッカーのブラジル杯決勝、サントス対パルメイラスの第1戦が、サントスの本拠地ヴィラ・ベルミロで行われる。来週の第2戦とあわせ、勝者が来年のリベルタドーレス杯に出場できる。試合の行方はもちろんだが、先日はパルメイラス・ファンがサントス・ファンを撲殺する事件も起こっているから、ファンの警備の方も気になるところだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年9月29日 東西南北  27日夕方、聖市パウリスタ大通りでデモが起こり、フェルナンド・ハダジ聖市市長を皮肉った人形が登場した。このところ囚人服を着たルーラ前大統領やピノキオの鼻のジウマ大統領など、労働者党(PT)の大物の巨大人形が作られ話題を呼んでいるが、それが遂にハダジ市長にまで及んだ。これを作っ […]
  • 東西南北2016年4月12日 東西南北  ジウマ大統領罷免阻止に苦しい展開の労働者党(PT)に、追い討ちをかけるように内部分裂の危機が浮上している。11日付フォーリャ紙によると、ルーラ政権で法相を務めた、前南大河州知事のタルソ・ジェンロ氏を筆頭に、PTに失望した党員たちが今年10月の市長選後に新党結成を目指すというの […]
  • 東西南北2016年8月16日 東西南北  自国が五輪期間中も、サッカーの全国選手権は休まず開催される。今回の五輪代表は23歳以下の若い選手が多いため、本来なら国内のチームに影響が及ぶはずなのだが、15日現在の上位4チームは、ガブリエル・ジェズスのパルメイラス、ガビゴルやゼッカのサントス、ルアンやウォレスのグレミオ、ダ […]
  • 東西南北2016年4月20日 東西南北  伯国ではまだ、17日の下院でのジウマ大統領に対する罷免投票の余韻が残っているが、ダッタフォーリャが15~17日に行った最新調査によると、ジウマ氏の罷免賛成派の59%、反対派では79%がテメル副大統領の罷免という考えに賛成だという。ちなみに反対は前者で37%、後者で14%だった […]
  • 東西南北2016年4月9日 東西南北  国際オリンピック連盟ギリシャ支部は8日、オリンピックの聖地アテネで21日に行われる予定の聖火点灯式にジウマ大統領が出席できないと発表した。現在、下院ではジウマ大統領の罷免に向けた動きが進んでおり、実施が避けられないと見られている本会議での投票は17日。この日の会議で罷免審議継 […]