ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日のルーラ前大統領の親友のブンライ氏に続き、25日もデウシジオ・アマラル上議が、ラヴァ・ジャットのセルヴェロー被告に口止めの脅しで逮捕と、2日続きで労働者党(PT)を激震させるニュースが続いている。ただ、これらの人物の経歴をつないでいくと、奇しくも、ブンライ氏もデウシジオ氏も南マット・グロッソ州に拠点を置く人物であったり、デウシジオ氏がメンサロン事件が発覚した時に、その発端となった郵便局スキャンダルでの議会調査委員会(CPI)の委員長をつとめていたりと、単なる偶然とは思えないようなことも見つかる。今後は、いかなる展開になるのやら。
     ◎
 市警は24日、5人を殺害した疑いで9月26日に逮捕されたサンパウロ市南部ジャバクアラの塗装業ジョルジュ・ルイス・デ・オリヴェイラ容疑者に関し、同容疑者の自宅から見つかった3人の遺体の身元が確認されたと発表した。これまで見つかり、身元が判明していた遺体は2人分だった。同容疑者は、自身の家に出入りしていた麻薬の購買者らを殺して埋めていた。同容疑者の自宅からは身元不明の遺骨2体分も見つかったが、捜索願が出ていないため、身元が確定できないという。
     ◎
 グローボ局の健康番組「ベン・エスタール」でおなじみだった医師のアルフレッド・アルペルン氏(74)が25日、すい臓癌のために亡くなった。サンパウロ総合大学(USP)医学部で教鞭もとっていたアルペルン氏はダイエット関係の著書も多数出しており、その手法が番組を通じて知られるなど、視聴者からの人気も高かった。

image_print

こちらの記事もどうぞ