ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 24日のルーラ前大統領の親友のブンライ氏に続き、25日もデウシジオ・アマラル上議が、ラヴァ・ジャットのセルヴェロー被告に口止めの脅しで逮捕と、2日続きで労働者党(PT)を激震させるニュースが続いている。ただ、これらの人物の経歴をつないでいくと、奇しくも、ブンライ氏もデウシジオ氏も南マット・グロッソ州に拠点を置く人物であったり、デウシジオ氏がメンサロン事件が発覚した時に、その発端となった郵便局スキャンダルでの議会調査委員会(CPI)の委員長をつとめていたりと、単なる偶然とは思えないようなことも見つかる。今後は、いかなる展開になるのやら。
     ◎
 市警は24日、5人を殺害した疑いで9月26日に逮捕されたサンパウロ市南部ジャバクアラの塗装業ジョルジュ・ルイス・デ・オリヴェイラ容疑者に関し、同容疑者の自宅から見つかった3人の遺体の身元が確認されたと発表した。これまで見つかり、身元が判明していた遺体は2人分だった。同容疑者は、自身の家に出入りしていた麻薬の購買者らを殺して埋めていた。同容疑者の自宅からは身元不明の遺骨2体分も見つかったが、捜索願が出ていないため、身元が確定できないという。
     ◎
 グローボ局の健康番組「ベン・エスタール」でおなじみだった医師のアルフレッド・アルペルン氏(74)が25日、すい臓癌のために亡くなった。サンパウロ総合大学(USP)医学部で教鞭もとっていたアルペルン氏はダイエット関係の著書も多数出しており、その手法が番組を通じて知られるなど、視聴者からの人気も高かった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認2017年5月19日 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認  食肉大手企業JBS社主であるバチスタ兄弟の報奨付供述(司法取引)の中に、ミシェル・テメル大統領(民主社会党・PSDB)が、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で逮捕中のエドゥアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していた内容が含まれていることが明らかになり、エジソン・ […]
  • ブラジル最高裁=アエシオ上議の職責停止命ず=姉やいとこには逮捕令状=JBSの供述の余波直ちに2017年5月19日 ブラジル最高裁=アエシオ上議の職責停止命ず=姉やいとこには逮捕令状=JBSの供述の余波直ちに  【既報関連】連警と連邦検察庁が18日朝、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の一環としての「パトモス作戦」を実行し、ブラジリアの連邦議会やリオ州、ミナス州など、民主社会党(PSDB)党首のアエシオ・ネーヴェス上議らに関連する場所の家宅捜索を行うと共に、同上議の姉のアンドレア・ […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年3月6日 東西南北  現在、パラナ州クリチーバにあるオスカー・ニーマイアー美術館では、ラヴァ・ジャット作戦で押収された絵画の展覧会が行われている。これらの作品は、元ペトロブラスのサービス部長だったレナト・ドゥケ氏をはじめとした被告たちが賄賂代わりに手にしたものだ。これらの価値が非常に高く、話題とな […]