ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ジウマ大統領に対する大統領罷免請求を遂に受理し、動き始めたエドゥアルド・クーニャ下院議長だが、国民の反応は冷ややかなものだと言わざるを得ない。先月末に行われたダッタフォーリャの世論調査では、「クーニャ議長は辞任すべき」の意見が81%で、「すべきでない」の7%を大きく上回っている。これは「ジウマ大統領の罷免手続き開始を支持する」の65%をも上回っている。また、国民の中で実際に大統領罷免が起こると考えている人は36%のみだ。昨夜のネットでの国民の書き込みにも、「伯国ではなく自分を救うため」「国の品位を下げている」との意見が目立った。しらけムードだけが残るのか。
     ◎
 聖市地下鉄やCPTMの駅に常設されているビリェッテ・ウニコの課金用の自動サービス機で、使えないものが増えている。アゴラ紙によれば、今週に入り、61駅中20駅の機械が使えない状態になっている上、ドン・ペドロ・バスターミナルでも9台中8台が使えなかったという。関係者の証言によると、先週末に同機から金を盗もうとした強盗がいて、システム異常を来たしたためとか。聖市交通のひとつのウリでもあるサービスなので、市には早急に解決していただきたいが。
     ◎
 ここ最近、本紙でも頻繁に、北東伯を中心とした小頭症児の話題を取り上げているが、その影響は聖州にも及んでいる。聖州ではまだ、州内で感染したジカウイルスが原因とされる小頭症児の誕生は確認されていないものの、薬局では虫除薬を求める妊婦が急増しているという。妊娠期間は長いため、恐怖も倍増だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連邦政府=VD製造に1億レ資金援助=VZへの転用計画も発表=ギランバレーの死者も確認2016年2月24日 連邦政府=VD製造に1億レ資金援助=VZへの転用計画も発表=ギランバレーの死者も確認  【既報関連】連邦政府と聖州政府は、聖市ブタンタン(B)研究所が開発中で、テスト最終段階に入ったデング熱ワクチン(VD)を、ジカ熱ワクチン(VZ)を兼ねた多種型に転用する可能性を探っていると23日付フォーリャ紙が報じた。 VDをVZも兼ねたワクチンにとの意向は、ジウマ大統領(P […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]
  • 東西南北2016年4月5日 東西南北  ジカ熱やデング熱の恐怖は依然続いているが、最近は、多くの死者も出ていることもあってH1N1型のインフルエンザが話題を奪いつつある。死者が55人に上る聖州でも事態は重く考えられており、4日からは医療関係者対象、来週月曜の11日からは、妊婦や幼児、高齢者、慢性病患者を対象とする予 […]
  • 東西南北2015年12月11日 東西南北  ジウマ大統領やエドゥアルド・クーニャ下院議長の罷免問題で揺れる伯国だが、増加の一途を辿る小頭症児の件も気になるところ。聖州グアルーリョス市は9日、11月から今月2日までに生まれた小頭症児は、既に発表されている1人以外に5人増えて6人となり、過去5年間で最高だった3人の倍となっ […]
  • 東西南北2016年12月10日 東西南北  本日付本紙でも報じたように、ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事にオデブレヒトとの汚職疑惑が浮上した。これまではそうした噂が比較的少なく、10月のサンパウロ市市長選ではジョアン・ドリア氏の後ろ盾となって圧勝させたことで、「18年の民主社会党(PSDB)の大統領選有力候補」 […]