ホーム | 日系社会ニュース | 「真珠湾攻撃が全てを変えた」=日系米国人、FIBで訴え
講演した小山さん
講演した小山さん

「真珠湾攻撃が全てを変えた」=日系米国人、FIBで訴え

 ブラジル日本福祉協会(呉屋春美会長)主催の『第7回文協フォーラム(FIB)』が11月21、22日、文協貴賓室で行なわれた。22日には、日系米国人の俳優・小山ロージさんが米国日本人移民に関する講演を行った。
 笠戸丸以前の1885年には、契約移民として900人が山口や広島県から東京丸でハワイに到着。もちろん永住ではなく、ほとんどが「3年程で帰る」つもりだった。
 「莫大な金を稼げる天竺(天の場所)」のはずだったが、到着すると過酷な労働を強いられ、現場監督からは番号で呼ばれ、粗末な住居で住まわされる「殆ど奴隷同然」の状態。「いつしか金を稼ぐことから、日本に帰ること」が目標になっていったという。
 その後、日本人同士の結束は強まり、頼母子講で融通し合い、何とか生き抜いたことなども紹介された。
 またアメリカ本土の日本人移民にも話が及んだ。カリフォルニア州などでは1910年代に急激に増える日本人の存在を危惧し、土地所有禁止や借地にも制限があった。
 その後状況は落ち着きつつあったが、1941年の「真珠湾攻撃で全ての状況が変わった」。敵国民になった一世と二世たちはカリフォルニア州を始め、各地の強制収容所に集められ、共同で生活。中には劣悪な環境のものもあった。
 一方、一部の二世たちは、連合国軍としてフランス、イタリア戦線に参加。大戦が複雑なアイデンティティを抱かせたことが紹介された。
 最後に米国の日系社会徐々に結束が無くなり、「現在は危機の状態にある」と説明。伯国日系社会に対し、「ユニークで美しい文化を持つことで繋がっているのだから、何か共同でできるかもしれない」と期待を示し、締めくくられた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 赤嶺園子著『裔孫』が受賞=本紙編集、にっけい文芸賞に2015年11月18日 赤嶺園子著『裔孫』が受賞=本紙編集、にっけい文芸賞に  ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)の「2015年度にっけい文芸賞」(にっけい文芸委員会、浜照夫委員長)授賞式が14日午後1時から、文協ビル貴賓室で行われた。 日本語部門では本紙が編集した『未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、沖縄タイムス刊)が受賞した。日語、ポ語部門の入賞者・ […]
  • 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔落慶=終戦70周年、平和の鐘も設置=信者1500人が一堂に2015年7月30日 本門佛立宗=〃佛立聖地〃に宝塔落慶=終戦70周年、平和の鐘も設置=信者1500人が一堂に  聖州タピライ市の自然保護区に〃佛立聖地〃の建設を目指す本門佛立宗中央寺院日教寺(コレイア教伯教区長)が、26日に聖地初の建築物となる宝塔を建立、日本から第25世講有・山内日開(にちかい)上人(講有=宗門の最高位)を招いて落慶式を執り行った。終戦70周年を記念し、宝塔には広 […]
  • サンタクルス病院を御訪問=両殿下御訪問記念碑を除幕=コーラス隊に笑顔と拍手2015年10月30日 サンタクルス病院を御訪問=両殿下御訪問記念碑を除幕=コーラス隊に笑顔と拍手  秋篠宮同妃両殿下は28日午後2時、聖市内のサンタクルス病院をご訪問、記念碑の除幕式に出席された。コーラス隊の少年少女30人による歌の出迎えを受け、昭和天皇からの御下賜金を受けたのものの、敵性資産として接収された歴史にも深い関心を示された。 ブラジル初の日系医療機関であるサンタ […]
  • (左から)高安、宮城、嶺井さん2015年7月2日 沖縄移民研究塾=同人誌「群星」を自費創刊=宮城さんら成果を一冊に=11日に聖市本部で合評会  沖縄県人会移民研究塾(宮城あきら代表)が5月、同塾での研究成果をまとめた同人誌「群星(むりぶし)」を創刊した。日ポ両語の白黒180ページで、過去の出版物刊行式やボリビア移住地、沖縄民謡を納めたDVD(約2時間)も付属する。先月30日、宮城代表らが来社して説明した。一つの県 […]