ホーム | 連載 | 2015年 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲 | 『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(71)

『百年の水流』開発前線編 第一部=北パラナの白い雲=外山脩=(71)

 北パラナにはウジーナは10カ所ある。殆どの工場の経営が悪化している。アサイの場合、近くに一つ工場があり、5年前から人件費、借地料、土地代の支払いを滞らせ始め、4年前に会社更生法を申請、裁判所はそれを受理した。
 被害は、この地域一帯に及んだ。土地を貸したり売ったりしていた日系人が多い。非日系もいる。売り手の内の二人は、何とか払わせた。一人は工場主に拳銃をつきつけた。もう一人は脅し、すかし、泣き落した。
 その工場主だが、意外にも親日家だという。日系人に損害を与えながら、何が親日家だと言いたいが、そこが人間の面白いところ。矛盾しているようだが、事実、日系人との付き合いもあり、当人も日本語を読み書くという」

大型セレアイス農の時代へ

 ところで、この間、営農を続けてきた100家族余であるが──。
 先に記した様な悪環境の中で続けてきたということは、まことに驚きである。次々と襲ってくる危機と戦いつつ生き残った人、あるいは運に恵まれた人である。「そうなったら、そうなった時のことサ」と半ば開き直りながら続けて来た人もおる。そうなったら、とは例えば強盗に襲われたら、という意味である。
 この人々はカフェー、綿、ウーバが駄目になった後、代わりの作物を多数、試みた。結局、セレアイス、野菜・果物に落ち着いた。
 セレアイスは大豆、ミーリョ、小麦である。ただし労働法問題があるため、労務者をできるだけ使わず、営農する必要があった。そのためには機械化し、規模を大型化しなければならない。
 前出の大内照朗さんの場合は、営農規模250~300アルケーレスというから大型化に成功したケースである。
 「大豆は、ここ数年、好価格が続いていて悪くない。遺伝子組換え、プランチオ・ジレット(不耕起栽培)は革命的」
と表情は明るい。遺伝子組換えは害虫対策に効果があり、プランチオ・ジレットは、土地に有機質肥料を与え、地力の回復に役立っているという。
 一方、山川精二さんは「私は小農。小農は今後、大農に吸収されて行くでしょう」と覚悟の面持ちだ。
 実は、全体としてみれば、現在のアサイの日系人の所有地面積と営農規模は、昔より大きくなっている──という説もある。離農した人が、その時、同じ日系人に土地を売り、買った方が営農規模を大型化させた。さらにアサイの周辺地域にまで農場を広めている人も居る。そういうことの様だ。
 具体的な数字は入手できなかったが、日系農業者の数は減っているが、大型のセレアイス農時代への波に乗っている人もかなり居る──ということになる。
 なお、野菜・果物は、労務者を使わず家族で出来る範囲で営農するという方法に限られてきている。
 農業以外の日系住民の職業は種々雑多である。

消えつつある日本色

 トゥレス・バーラス移住地開設から83年、アサイの日本色は消えつつある。日本色といっても種々あるが、例えば人種構成は──
 先に記した様に、日本人・日系人の家族数は激減してしまっているが、全住民の中に占める人口比率も、大きく低下している。
 この章の始めの方で記した様に、移住地の草創期、住民は総て日本人であった。非日系のカマラーダは居たが、ごく僅かであった。が、今では、街を歩いていても見かける日本人・日系人が極めて少ない。筆者は、偶々、フェイラの中に紛れ込んでしまったことがあるが、前後左右を見回しても、一人も居なかった。
 ただ、この比率の縮小傾向が始まったのは、近年のことではない。実は半世紀以上も昔からそうなのである。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]