ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ラヴァ・ジャットを中心として、昨年は政治汚職に関する話題が連日のように伯字紙の紙面をにぎわせていたものだが、今年も早速、「クーニャ下院議長が提出した港湾法の修正案が、テメル副大統領の選挙キャンペーンの献金先に有利になるようになっていた」であるとか、「オデブレヒト社社長と幹部がやり取りしたメールの内容が明らかになり、ルーラ前大統領の商用関与に関する疑惑が強まった」などの報道がトップ扱いの記事の見出しで早速踊りはじめている。議会や最高裁が再開するのは2月からだが、そこを待たずして1月から早速スキャンダルには事欠かない予感。今年も波乱の年になるか。
     ◎
 昨年の12月30日に未開の水域から遂に脱出したカンタレイラ水系。その後も降水は続き、4日午前現在で月間降水量は36・6ミリ、水位も1・9%まで上昇と悪くない。ただ、今週は、ここ2カ月にわたり聖州に多くの雨を降らせてきた南伯からの寒冷前線が一休みの状態で、今週末になるまで雨が降らない状態になるという。もう少し今のペースで水位が上がって欲しかったところだが、あまりに雨ばかり続くのでも気分は憂鬱か。バランスの良い天気が一番ではあるが。
     ◎
 バス代の値上げが行われるということで、いよいよ聖市民も、月極めビリェッテ・ウニコへの切り替えが必要となってくる時期のようだ。このビリェッテ・ウニコはSPトランスの公式サイトで登録するか、市内各地の営業所に直接、身分証明書と写真を持って行って作成するか、ということになる。導入したハダジ市長には嬉しい動きか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • サンパウロ市長選=エルンジーナの挑戦=81歳の左翼系元女性市長2016年4月12日 サンパウロ市長選=エルンジーナの挑戦=81歳の左翼系元女性市長  本来なら今頃は、10月に行われる全国市長選挙に向けて盛り上がり始めていなければおかしいのだが、ジウマ大統領の罷免問題でそれどころではないブラジル。だが、その陰に隠れながらも興味深い動きは起こっている。 そのひとつが、サンパウロ市長選に、元同市市長で現在81歳のルイーザ・エルン […]
  • マルタがPMDBに加入=早くもPTとの決別主張2015年9月29日 マルタがPMDBに加入=早くもPTとの決別主張  33年間在籍した労働者党(PT)を4月に離れたマルタ・スプリシー上議が26日、民主運動党(PMDB)に正式加入し、PTと決別すべき事などを訴えたと27日付伯字紙が報じた。 01~04年の聖市市長で、07年3月~08年6月にルーラ政権では観光相も務めた同氏は、ルーラ氏の推すハダ […]
  • ペッソア被告の褒賞付供述で名前が挙がり、説明をするメルカダンテ官房長官(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)2015年6月30日 LV作戦=裏金証言で、大統領府に激震=ペッソア被告報奨付供述行う=現官房長官も汚職関与疑惑=統一選の政治献金隠れ蓑  ラヴァ・ジャット作戦で起訴された大手建設会社UTCのオーナー、リカルド・ペッソア被告が25日に連邦検察庁で行った報奨付の供述が26日付Veja誌で流れ、14年統一選挙でのジウマ大統領再選キャンペーンへの寄付などで新たな疑惑を引き起こし、ジウマ大統領(労働者党・PT)とPT […]