ホーム | 日系社会ニュース | 東京五輪=県内4種目の参考に視察=埼玉県庁から4人リオへ=県人会との交流食事会も
県人会との記念撮影
県人会との記念撮影

東京五輪=県内4種目の参考に視察=埼玉県庁から4人リオへ=県人会との交流食事会も

 埼玉県庁の県民生活部、久保正美スポーツ局長ほか「オリンピック・パラリンピック課」職員ら4人の視察団が15日に来伯、リオ五輪会場となる各施設を訪問した。2020年東京五輪では同県内各施設でもサッカー、バスケットボール、ゴルフ、射撃の4種目の開催が決定していることを受け、参考にするために観て回った。

 一行は上記4種目の会場ほか、開会式が行われるマラカナン蹴球場、日本見本市やメダリストの記者会見が催される「JAPAN HOUSE」予定地、本番を想定したバスケットボールのテストイベント等を視察した。
 リオ市五輪運営部長との意見交換では、会場や交通インフラ「都市鉄道システム」(VLT)の建設の現状や「大会の成功と同時にインフラ設備などのレガシー(遺産)を残すことも大切」と説明があったという。
 久保局長は「意見が合致した」というが、使用予定のバスケットボール「さいたまスーパーアリーナ」、サッカー「埼玉スタジアム」、ゴルフ「霞ヶ関カンツリー倶楽部」、射撃「陸上自衛隊朝霞訓練場」は、いずれも既存の施設のままで大規模な改修工事を必要としない。
 そこで残すべきは「ソフト面のレガシー」、つまり「人材の育成」だ。競技会場や公共交通機関に配置するボランティアは、県によって募集・育成される。正式なボランティア以外にも「県民全体が〃おもてなし〃の精神を持って観光客を迎え、五輪を盛り上げる姿勢も大切」と指摘。県では今後、8月の開催期間中にも視察を重ねる予定で、引き続きソフト面に注目する意向だ。
 率直な感想として久保局長は、「工事が追いつかないところもあると思うが、想定していたよりは完成度が高かった」との評価。肝心のソフト面は、テストイベントはほぼポ語対応のみだったことから、「多言語対応の必要を感じた」との感想も漏れ、あまり参考にならなかったよう。
 伯国オリンピック委員会(BOC)を訪れ、東京五輪のキャンプ誘致のプレゼンも行った。同県ではバレーボール、ラグビー等の10カ所を候補地として挙げ、多言語に対応した施設の魅力を伝えるパンフレットの作成などをしている。
 なお18日夜には埼玉県人会(尾崎眞次会長)との交流食事会が聖市ホテルで催され、五輪に関する意見交換が行われた。途中、尾崎会長へ上田清司知事からの親書が手渡され、互いに親交を深めあった。一行は聖市でも競技施設等を視察、19日に帰国した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]
  • イビラプエラ公園内の慰霊碑を訪ねた安倍夫妻2014年12月27日 コロニア10大ニュース  やはりなんといっても10年ぶりの首相来伯だろう。これを機会に様々な分野で交流が加速化しそうだ。来年の120周年、ジャパンハウスの着工、翌年のリオ五輪と続く今後のビッグイベントに伴う両国の関係強化を十分に期待させるニュースだった。そしてW杯。日本代表はリーグ戦敗退と残念な結 […]
  • 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催2017年12月6日 《ブラジル》新企画=Jリーグや五輪の講演会=復活の山形県人会青年会=若者主体でイベント開催  ブラジル山形県人会(篠原俊巳会長)の青年会(タマリ・シンジ会長)が2日午後、サンパウロ市の宮崎県人会館で「日本のサッカーと2020年東京五輪」講演会を開催した。青年会のアドバイザー、有山良治さん(45、二世)らに青年会活動について取材した。  同講演会の講演者は3人 […]
  • マナウス二言語校=「日本人の価値観学んで」=生徒は非日系ばかり=日本語で算数や理科も2016年7月21日 マナウス二言語校=「日本人の価値観学んで」=生徒は非日系ばかり=日本語で算数や理科も  【マナウス発】ブラジル初となる公立の日本語バイリンガル(二言語)校がアマゾナス州マナウス市に開校して1学期が過ぎた。一から日本語を始めた生徒たちは日本語での挨拶にも慣れ、学校側は「ただ日本語を習得するのではなく、日本人の価値観を身に着けてほしい」と話す。1学期の成果をのぞいて […]
  • 5団体で受入れ組織発足=リオ五輪の来伯邦人向けに=応援イベント、公開練習も2016年7月9日 5団体で受入れ組織発足=リオ五輪の来伯邦人向けに=応援イベント、公開練習も  リオ五輪への来伯邦人を受け入れるため、聖市の日系5団体が「日本人訪問者サンパウロ支援委員会」を今月、立ち上げた。文協で5日午後、各団体の代表者による会見が行なわれ、特設サイトとフェイスブックページの開設、二つの応援イベントが発表された。邦人観戦者は最大で1万人と予想されている […]