ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 27日に敢行されたラヴァ・ジャット作戦(LJ)第22弾で、一家が所有していたと見られる聖州グアルジャーの高級住宅に疑惑の目が向けられたばかりのルーラ前大統領。この住宅はLJに絡むOAS社が建て替えを行ったとも報じられている。他方、29日付伯字紙は、聖州アチバイアにあり、ルーラ家がよく使う農園の改修工事を、これまたLJの疑惑企業オデブレヒトが行ったと報じた。同農園の半分はルーラ氏と共にPTを創設したジャコ・ビタル氏の息子、残りはルーラ氏の息子のルリーニャ氏が共同経営の会社名義だ。資材だけで50万レアルという工事の事件性の有無は不明だが、「私ほどの正直者はいない」という同氏の信用やいかに?
     ◎
 聖市市警は、聖市南部グラジャウーで連続して起きている女性の殺人事件は共通点が見られるとして、同一犯による連続殺人である可能性も含めて捜査中だ。7日、18日、23日に道路沿いの荒地で発見された3人の女性の遺体はいずれも、衣服が破られ、頭部を石で一撃され、性的な暴力を受けた跡があり、紐で絞め殺されていた。現時点で身元が判明しているのは、18日に発見された27歳で4人の子を持つ女性のみだ。
     ◎
 伯国サッカー界は2カ月弱のオフ・シーズンに入っていたが、本日開幕を迎える、聖州をはじめとした各州の選手権で、16年のシーズンが本格的にはじまる。また、2月3日からは、南米一をかけたリベルタドーレス杯も開幕する。伯国勢はまず、サンパウロFCがグループ・リーグ進出をかけた予選を戦うことになっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月23日 東西南北  ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人 […]
  • 踊る! ブラジル大統領選挙=汚職、不景気背景に大激変=聖市在住 田中禮三(10月12日記)2018年10月18日 踊る! ブラジル大統領選挙=汚職、不景気背景に大激変=聖市在住 田中禮三(10月12日記)  史上稀に見る大型贈収賄事件「ラヴァ・ジャット」騒動の最中、10月7日に行われた総選挙は、ブラジル近未来を左右する重要な選挙だった。それにしても、欧米のメディアが選挙結果を大々的に報じているのに反し、日本のメディアでは殆ど話題にもなっていないようだ。日系人約200万人が […]
  • 東西南北2017年2月3日 東西南北  ルーラ元大統領夫人のマリーザ氏が亡くなったが、これで予想されるのは「PT(労働者党)の逆襲」だろう。彼らからしたら「マリーザ氏が亡くなったのは、自分自身も被告になったラヴァ・ジャットのせいだ」で、同作戦に対する敵意と対抗姿勢を強めていくだろう。とりわけ、ルーラ氏は「マリーザの […]
  • 東西南北2016年8月19日 東西南北  20日に行われる、リオ五輪の男子サッカー決勝戦で、伯国代表の相手がドイツ代表に決まった。ドイツといえば、14年W杯でネイマールが負傷欠場していた準決勝で1―7で大敗した相手だから、国民としてはやはり意識しないわけにはいかないだろう。今度はネイマールも出場する決勝でリベンジする […]
  • 東西南北2016年4月13日 東西南北  11日の下院の特別委員会が、下院でのジウマ大統領の罷免審議継続を承認し、17日に運命の投票が行われることも決定的となった。本会議での審議は15日からはじまるが、その前からもジウマ氏は苦難続きだ。アンドラーデ・グチエレス社の元社長が先週、10年と14年のジウマ氏の大統領選への献 […]