ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | WHO=ジカ熱で「国際衛生緊急事態」?=エボラ熱以来、五輪に影響も
昨年11月に会談したジウマ大統領(右端)とマーガレット・チャンWHO事務局長(左端)(Roberto Stuckert Filho/PR)
昨年11月に会談したジウマ大統領(右端)とマーガレット・チャンWHO事務局長(左端)(Roberto Stuckert Filho/PR)

WHO=ジカ熱で「国際衛生緊急事態」?=エボラ熱以来、五輪に影響も

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • デング熱 ジカ熱=リオ五輪来伯者は要注意!=日本にウィルス〃輸出〃?=世界に拡散する可能性も2016年1月21日 デング熱 ジカ熱=リオ五輪来伯者は要注意!=日本にウィルス〃輸出〃?=世界に拡散する可能性も  米国当局は15日、中南米地域でのジカ熱感染拡大を受け、妊娠した女性に対し、カリブ海や中南米14カ国への旅行を避けるよう警告した。2月初めのカーニバル期間に北東伯を訪れる観光客が地元に持ち帰り、それが8月のリオ五輪を通して全世界に拡散する可能性が一部専門家から指摘されている。日 […]
  • 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡2020年1月23日 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡  保健省が20日、サンパウロ州内陸部のソロカバ市に住んでいた男性が出血熱で死亡したと発表した。  同省によると、この男性は、アレナウイルス科のマンマレナウイルスに感染していた事が判明したという。マンマレナウイルスは、ブラジル出血熱の原因とされたサビアウイルスと似ており […]
  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • リオ州でマヤロウイルス確認=チクングニア熱と誤診の可能性2019年5月24日 リオ州でマヤロウイルス確認=チクングニア熱と誤診の可能性  ブラジル北部や中西部でチクングニア熱などに似た症状の患者発生をもたらしていたマヤロウイルス(MAYV)が、リオ州で発見されたと16、17日付現地紙サイトなどが報じた。  MAYVはデング熱、チクングニア熱、ジカ熱などと同様、蚊が媒介。マヤロ熱という病気を引き起こす。 […]
  • 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態2019年4月26日 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態  暦の上では秋のブラジルだが、気温が高く、雨も多いため、蚊が媒介する病気が急増中だ。ここ数日の報道で目立つのは、ミナス・ジェライス州でのデング熱とリオ州でのチクングニア熱だ。  23日付G1サイトなどによると、ミナス州では、第1四半期のデング熱患者(真性患者と擬似症患 […]