ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 第22次ラヴァ・ジャット作戦以降、ルーラ前大統領に関する報道が過熱の様相を見せつつある。既にラヴァ・ジャット作戦が動きはじめたグアルジャー三層高級住宅のOAS改修供与問題の一方で、まだ事件には発展していないもののアチバイア別荘がオデブレヒトと共に騒がれはじめた。それに加えて、ゼロテス作戦では三男に疑惑が持たれている上に、逮捕されたマウロ・マルコンデス被告が「ルーラ氏の名前を使うと商売がしやすかった」と知人に漏らしていたことも報じられている。「私のような正直者は他にいない」との発言を行なった直後にこの有様とは、なんとも皮肉。
     ◎
 サンパウロ市西部モルンビにあるジョバンニ・グロンキ大通りで1日からバス専用道がスタートするが、これが同地区の住人から不評で反対の声が起こっているという。6千番台まで続くこの長い大通りは、かねてから渋滞で有名だった。6時から9時、17時から20時に専用道が使われることによって、バスには有利になるが、一般の自動車の渋滞はさらに悪化し、渋滞での停車を狙っての強盗も増えると地元住民は恐れているという。実施後の反応やいかに。
     ◎
 サッカーのシーズン・オフも明け、1月30日から各州の選手権もはじまった。サンパウロ州では「4強」がいずれも格下チームとの対戦で開幕したが、サントスとサンパウロが引き分けでスタートする波乱の幕開けとなった。レギュラー大量離脱のコリンチャンスは初戦を物にし、パルメイラスは快勝で順調な滑り出しを見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年3月24日 東西南北  22日の最高裁がルーラ元大統領に対し、4月4日までは逮捕されない事を保証する暫定令を出した際、「本人のせいではない裁判の遅れで元大統領が束縛されるべきではない」と言った判事が居たとか。第4地域裁での2審で有罪とされた被告は皆、2審後の刑執行との原則に従っているのに、期間限定と […]
  • 東西南北2017年4月12日 東西南北  サンパウロ市のジョアン・ドリア市長は今日12日より、韓国のソウルを訪れている。今回も2月に中東の富豪を訪れたのと同様、市内の大型施設民営化やネーミング・ライトの交渉を同国の大手企業に持ちかける意向で、ヒュンダイ、SK、LG、サムスンなど、ブラジルでもなじみの企業をまわる予定だ […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]
  • 東西南北2014年4月23日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月23日  ブラジルでも〃ガボ〃の愛称で親しまれた文豪ガブリエル・ガルシア・マルケス氏の死に対し、ブラジルの有名人も次々と追悼の辞を捧げている。ジウマ大統領は「彼は子供に新しい世界を紹介するように読者を架空都市マコンドへと誘った」とし、ルーラ前大統領は […]