ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 統計上の罹患者の数字も増え、心配される伯国での小頭症児について、聖州保健局が発表した最新データによると、15年11月以降、州内53市で小頭症が疑われる症例が報告されており、その総数は126人に上るが、25人はジカ熱との関係はなかった。症例最多は聖市の17人で、グアルーリョスの12人、カンピーナスの11人がそれに続く。大聖市圏で目立ったのは6人を記録したジアデマとサンベルナルド・ド・カンポで、内陸部ではリベイロン・プレットとサンジョゼ・ド・リオ・プラットで各5人の症例が報告されている。カーニバル期間中は気温が高く、保健所や病院ではデング熱やジカ熱の患者の列ができていたが、この数字は今後どんな動きを見せるか。
     ◎
 聖州カピヴァリで5日、68歳男性が児童への性的暴力の容疑で逮捕された。容疑者の男性逮捕は12歳の少女の機転のお手柄だった。この男性が6歳の妹に性的ないたずらを行っていたのに気づいた少女は、その様子を隠れたところから40分間、携帯電話で撮影し、それをそのまま市内の警察署に届けた。小さな女の子だと無抵抗で親にも知られずに終わることも珍しくないが、良い見本にしたいところ。
     ◎
 6日午前、聖州カンピーナスの時計店で、道路清掃係のふりをした2人組が店主や顧客を人質に1時間ほど立てこもる事件が起きた。隣人が警察に通報し、犯人のうちの1人が逮捕された。犯人は店主に、彼らの友人の妻でこの店で働いていた女性の出勤日時を尋ねていたといい、警察は同女性の事情聴取を行う予定だという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 13日は蚊の「Xデー」=デング熱患者48%増加2016年2月13日 13日は蚊の「Xデー」=デング熱患者48%増加  13日は軍兵士も動員し、全国的なネッタイシマカ撲滅キャンペーンが行われるが、11日の保健省の発表によると、1月3~23日にデング熱と診断された患者は昨年同期比48%増の7万3872人で、昨年以上の流行となる可能性が高い事が明白になったと12日付伯字紙が報じた。 15年のデング […]
  • リオ=防蚊対策に興味の国外報道陣=国内メディアを超える数の国外メディアが会見に参加2016年1月28日 リオ=防蚊対策に興味の国外報道陣=国内メディアを超える数の国外メディアが会見に参加  リオ・デ・ジャネイロ市のサンバ会場〃サプカイ〃で26日、同市保健局スタッフが殺虫剤を散布、その後に記者会見も行われたが、ブラジルのジカ熱、デング熱の脅威は世界的に報道されており、会見にはブラジル人記者よりも外国人記者の方が多く詰め掛けた。 記者会見の会場には米国CNNやNBC […]
  • デング熱 ジカ熱=リオ五輪来伯者は要注意!=日本にウィルス〃輸出〃?=世界に拡散する可能性も2016年1月21日 デング熱 ジカ熱=リオ五輪来伯者は要注意!=日本にウィルス〃輸出〃?=世界に拡散する可能性も  米国当局は15日、中南米地域でのジカ熱感染拡大を受け、妊娠した女性に対し、カリブ海や中南米14カ国への旅行を避けるよう警告した。2月初めのカーニバル期間に北東伯を訪れる観光客が地元に持ち帰り、それが8月のリオ五輪を通して全世界に拡散する可能性が一部専門家から指摘されている。日 […]
  • カーニバルも気をつけて!=ジカ感染を避けるために=日本の外務省が注意喚起2016年2月5日 カーニバルも気をつけて!=ジカ感染を避けるために=日本の外務省が注意喚起 日本国外務省はリオのカーニバルなどのために渡航する日本人観光客や在住者に向けて、次のような「注意喚起」を2日付けで海外安全ホームページに掲載したので、ここに転載する。ジカウイルス感染症(ジカ熱)の流行に関するもので、特に妊婦及び妊娠予定の人への注意を呼びかけている(編集部)。 […]
  • 大耳小耳2017年2月23日 大耳小耳  在リオ日本国総領事館はカーニバル観覧時に、蚊が媒体する感染症(ジカ熱、黄熱病、デング熱、チクングニア熱、マラリアなど)へ注意するよう呼びかけた。防蚊対策としては、長袖シャツや長ズボン等を着用し、肌の露出を減らす。ディート(DEET)やイカリジン等の有効成分を含む「忌避剤」(R […]