ホーム | 日系社会ニュース | ジャパンハウス=「正しい日本を発信する」=総領事館が日系団体と意見交換=東京五輪会場設計者隈氏ら25日懇談会
会合の様子
会合の様子

ジャパンハウス=「正しい日本を発信する」=総領事館が日系団体と意見交換=東京五輪会場設計者隈氏ら25日懇談会

 日本国外を拠点にした広報文化施設「ジャパン・ハウス(仮称)」(以下、JH)に関し、在聖総領事館(中前隆博総領事)が16日午後、同館で日系人向けに状況説明と意見交換会を開催した。34の関連団体が召集され、内28の代表者が出席した。「一部地域の対日感情にどう応じるか」「4年後に閉鎖するのか」という質問に、中前総領事は「日本への正しい認識を広める。継続は数値目標の達成度次第」と言及した。

 JHは「正しい日本を発信し親日家を育む」という目的の下、聖市ほか英ロンドン、米ロサンゼルスに設置される。当地ではパウリスタ大通り52番のブラデスコ銀行所有ビルを一部賃借して、来年3月の開設を目指す。事業主は電通。
 先月には、平田アンジェラ多美子さん(スリアナ社代表取締役)の事務局長就任が発表された。日本外務省は2018年度(19年3月)までの予算として、聖市のみで25億円を要求している。
 中前総領事からこうした設置目的や経緯、事業体制の概要が改めて参加者に説明された。日系5団体のほか、裏千家や生け花協会、希望の家などの福祉施設、コチア青年や農拓協、JICAや外務省の研修生OB団体など多分野の団体が召集された。
 具体的な要望として裏千家ブラジルの林宗円さんは、「茶室や史料館のある文協などを付属機関として活用できないか」、県連の本橋幹久会長は「7月の日本祭りでJHの宣伝をしては?」と提案。本紙コラム「樹海―JHでAKB48ブラジル版を作ったら?」(1月22日付け)を引き合いに、「そこに記載された企画を参考してほしい」との声もあった。
 一部の一世からは、「中韓などの対日戦略にどう対処するか」「慰安婦や南京大虐殺など負のイメージをどう払拭するか」という懸念も。「それらに応じる手段として始まったのが、JHを含む戦略的対外発信」として、「伯国は世界一の親日国だが、三館の共通認識として日本への正しい姿を見せたい」と返答した。4年の契約期間後に閉鎖する可能性について「継続は数値目標の達成度次第」と説明した。
 ほか「日系アイデンティティーを次世代に継承する内容に」「日本人の心を記す冊子を出版し、お土産に持たせては?」という意見が上がった。
 中前総領事は様々な意見を汲み取りながら、「拠点はパウリスタだが出張企画もありえる。事務局とのコロニア連携もその都度あるのでは。ただ我々役人は運営に口出ししないことが前提で、主体は事業主にある。行く行くは独立採算が理想」と強調した。
 25日にはプレイベントとして、午前に当地メディア向けの記者会見、午後に日本側のJH総合プロデューサーの原研哉さん、設計デザインを監修する隈研吾さんを招きトークショーが行なわれる。


□関連コラム□大耳小耳

 日系人と懇談したジャパンハウスの状況説明会で、5人の「アドバイザー」という存在も明らかになった。中前隆博総領事曰く「(運営委員会の議長である)私が困った時、助言などを求める」という役割があるという。歌手の高井フェルナンダさんやブラデスコ銀行役員の松本ミルトンさん、ヴェージャ誌のオヤマ・タイス編集長ら。日本文化にどれだけ精通しているかは別にして、一般社会向けの発信には大いに役立ちそうな、頼もしい面々であることは間違いない。

image_print

こちらの記事もどうぞ