ホーム | コラム | 樹海 | 再生林のヴァンタージェン

再生林のヴァンタージェン

 この夏はエルニーニョの勢力が強く、南東伯では例年以上に暑い。エルニーニョは地球温暖化を反映したものだが、地球温暖化といえば思い出すものの一つにアマゾンの森林伐採がある▼ブラジルを中心に広がるアマゾンの密林は、温室効果ガスと呼ばれる二酸化炭素(CO2)を吸収して酸素を排出してくれる。その吸収量が他の森林より格段に多いとされた時期は、「地球の肺」とも呼ばれた▼その肺の機能を維持するために大切なのが、森林の代謝だ。地球温暖化の観点から行くと、森林伐採を抑制するとCO2吸収量の減少を防ぐから、「伐採量減少=温室効果ガス排出量削減」という図式も成り立つ▼だが、この考え方には落とし穴がある。かつて家庭教師をしていた時見た教科書に、森林も年をとるとCO2の吸収量が落ちると書かれていたのだ。それを裏付けるように、4日付フォーリャ紙に、伐採後に自力再生した森はCO2吸収量が11倍になるという記事が出ていた▼再生中の森林には日照時間が長くても育つ背の低い樹木が成長し、日影を好む樹木はその後に育つ。いずれの木も成長しようと盛んに光合成を行うから、CO2の吸収量は成長が鈍った老木より多くなる。だから、成熟した木だけの森林よりも再生林の方が地球温暖化防止には役立つのだ。CO2吸収量は森林の成長度で変わるから、むやみな伐採はタブーだが、自然再生を促す位の持続可能な範囲の伐採は推奨した方が良い事になる▼CO2の吸収量が最大になるのは伐採から20年以上、70年を過ぎてもそのままの森は老齢化でCO2吸収量が減るとの説に、いつまでも成長し続ける存在でありたいと思わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?2020年12月3日 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?  ブラジル南部のサンタカタリーナ州クリシウーマ市で11月30日から12月1日にかけて、同州史上最大で最も暴力的とされた銀行強盗が起きた直後の2日未明、ブラジル北部のパラー州でも全く同様の手口の銀行強盗事件が起き、死傷者も出た。  今回は、アマゾン川流域のパラー州州都ベ […]
  • 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か2020年12月2日 《ブラジル》法定アマゾン=1万1千平方キロの森林失う=2年連続の1万平方キロ超え=パリ協定時の公約に違反か  国立宇宙研究所(Inpe)の発表によると、法定アマゾンは2019年8月~2020年7月の1年間に前年同期比で9・5%増となる1万1088平方キロの森林を失ったと11月30日、12月1日付現地紙、サイトが報じた。ただし、この伐採増加率は予想よりは低かった。  今回発表 […]
  • 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から2020年12月1日 外務大臣表彰が23人と1校に=農業、軍、音楽など多分野から  日本政府は1日に外務大臣表彰を発表し、ブラジルからは23人と1校が受賞した。外務大臣表彰は,多くの人が国際関係の様々な分野で活躍し、日本と諸外国との友好親善関係の増進に多大な貢献をしている中で、特に顕著な功績のあった個人および団体の功績を称えるとともに、その活動に対する一層の […]
  • マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に2020年11月25日 マナウス=草の根協力で運動場整備=リョータ・オヤマ州立小学校に  在マナウス日本国総領事館(関口ひとみ総領事)は11月6日、日本政府の草の根・人間の安全保障無償資金協力による「リョータ・オヤマ州立小学校運動場整備計画」の贈与契約署名式を、同校の父兄教師コミュニティー協会(APMC、オザナ・リマ会長)との間で行った。  同計画は小学 […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]