ホーム | コラム | 樹海 | 再生林のヴァンタージェン

再生林のヴァンタージェン

 この夏はエルニーニョの勢力が強く、南東伯では例年以上に暑い。エルニーニョは地球温暖化を反映したものだが、地球温暖化といえば思い出すものの一つにアマゾンの森林伐採がある▼伯国を中心に広がるアマゾンの密林は、温室効果ガスと呼ばれる二酸化炭素(CO2)を吸収して酸素を排出してくれる。その吸収量が他の森林より格段に多いとされた時期は、「地球の肺」とも呼ばれた▼その肺の機能を維持するために大切なのが、森林の代謝だ。地球温暖化の観点から行くと、森林伐採を抑制するとCO2吸収量の減少を防ぐから、「伐採量減少=温室効果ガス排出量削減」という図式も成り立つ▼だが、この考え方には落とし穴がある。かつて家庭教師をしていた時見た教科書に、森林も年をとるとCO2の吸収量が落ちると書かれていたのだ。それを裏付けるように、4日付フォーリャ紙に、伐採後に自力再生した森はCO2吸収量が11倍になるという記事が出ていた▼再生中の森林には日照時間が長くても育つ背の低い樹木が成長し、日影を好む樹木はその後に育つ。いずれの木も成長しようと盛んに光合成を行うから、CO2の吸収量は成長が鈍った老木より多くなる。だから、成熟した木だけの森林よりも再生林の方が地球温暖化防止には役立つのだ。CO2吸収量は森林の成長度で変わるから、むやみな伐採はタブーだが、自然再生を促す位の持続可能な範囲の伐採は推奨した方が良い事になる▼CO2の吸収量が最大になるのは伐採から20年以上、70年を過ぎてもそのままの森は老齢化でCO2吸収量が減るとの説に、いつまでも成長し続ける存在でありたいと思わされた。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 最高裁よ、お前もか!2019年10月1日 最高裁よ、お前もか! 新政権で後退し続ける汚職没滅の動き  最高裁が25、26日に行った審議により、今までに下されたラヴァ・ジャット作戦で摘発された有力者への有罪判決が30件以上も無効化されそうだ。「裁判所よ、おまえもか!」と言いたくなるような動きだ。  本紙28日付2面《最高裁=「LJ […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 庶民の味方のSUSだけど2019年9月26日 庶民の味方のSUSだけど  このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの […]
  • ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯2019年9月24日 ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯  モジ・ダス・クルーゼス入植100周年式典を取材に行って、「灯台下暗し」だったと反省した。興味深い移民史の宝庫だ。サンパウロ市から東に62キロの地点にあるモジ市は、100年前にはわずか3万人の寂しい農村だった。現在では44万人超の人口に増え、州内12位の人口を誇る堂々た […]