ホーム | 日系社会ニュース | 80種5千本がお出迎え=3月、スザノ・ダリア祭り

80種5千本がお出迎え=3月、スザノ・ダリア祭り

来場を呼びかける援協の坂和三郎副会長、中田和夫運営委員長、広報部の森本満理奈さん、上野ジョルジ評議員会副会長

来場を呼びかける援協の坂和三郎副会長、中田和夫運営委員長、広報部の森本満理奈さん、上野ジョルジ評議員会副会長

 スザノ・イペランジアホーム(三島勝彦施設長)主催の『第22回ダリア祭り』が3月6、13日の午前10時から、同ホーム(Estrada Tani, 751, Vila Ipelandia)で行なわれる。入場料、駐車場ともに無料。両日午後4時まで。
 ブラジル唯一のダリア園ということもあり、数年前にテレビに取り上げられ、入場者数が増加。去年は合計1万2千人以上が訪れた。今年は80種、5000本のダリアがお目見えする。雨が多かったため発育も順調で、祭りの日に満開を迎える見込みだ。
 歌手のリカルド・ナカセさんや和太鼓、日本舞踊などのショーの他、名物焼きそば、焼き魚定食など日本食販売も行われる。
 地域の婦人部を中心として約230人のボランティアが協力。収益は同ホームの運営に役立てられる。普段は外部の人々と接触の少ないホームの入居者も、この祭りを楽しみにしているという。
 案内のため来社した皆さんは、「車椅子の人もダリアが楽しめるよう、通路をアスファルトで舗装しました。サンパウロ一おいしい焼きそばを食べて、ご家族で楽しい休日を!」と呼びかけた。
 両日午前9時に援協本部前(Rua Fagundes, 121, Liberdade)から送迎バスが出る。復路は午後4時に会場発、往復25レアル。予約は援協広報室(11・3274・6590)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • スザノ=ダリア祭りが3月3日=過去最高の3800株が満開2019年2月2日 スザノ=ダリア祭りが3月3日=過去最高の3800株が満開  聖州スザノ市が「ダリアの町」と呼ばれるようになったのは、サンパウロ日伯援護協会傘下のイペランジアホーム(三島勝彦施設長)が主催する「ダリア祭り」のおかげ。85種類、3800株ものダリアが一度に見られる場所は、南米ではここだけだからだ。  市を代表するこの「ダリア祭り […]