ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 JICAサンパウロ出張所の遠藤浩昭さんが4年の任期を終えて帰国した。駐在員も出入りが激しいが、弊紙も例外ではない。先日、研修生として1年間記者修行をした青年の送別会が行なわれた。強盗に遭っても平然としているほど豪胆な若者で、帰国後は故郷の新聞社へ就職を希望しているという。編集部に入って一年未満の耳子だが、送り出すのはこれで3人目、「さよならだけが人生だ」という言葉をしみじみ味わっているところ。多くの弊紙〃卒業者〃と同じく、彼も日本のマスコミに就職して活躍するに違いない。

 日本独自の精神性や文化を紹介する、本紙とサンパウロ図書館が刊行した『日本文化』が好評だ。100冊以上も売れている日系書店もあり、プレゼント用に数冊まとめて包装してほしいというお客さんも。「若い世代に日本人の精神を受け継いでもらいたい」という強い気持ちの表れだ。在庫薄になってきており、編集部としては嬉しい悲鳴。すでに第2巻の刊行準備に入っている。若い世代に日本文化を受け継いでもらうためには、重要な内容ほどポ語訳をつけることが必要。先日もコチア青年の青年部が始動。両語を自在に使いこなす二世・三世は、ますます重要な存在になっていくだろう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『ピンドラーマ』3月号2016年3月10日 『ピンドラーマ』3月号  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』3月号が発刊された。 全身缶ビールで覆われたカーニバル衣装の写真(千葉康由さん撮影)に「ジカ熱狂想曲」「ブラジル経済 2016年本格始動」、恒例のサッカー、グルメ、イベント情報も掲載。 日系書店、日本食店などで配布中。問い合わせは […]
  • 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども2016年12月27日 2016年=ブラジル10大ニュースは?=1位はやはりジウマの罷免=リオ五輪さえも上回る=シャペコエンセ搭乗機の墜落事故なども  2016年はブラジルにとっても激動の1年だったが、8日付G1サイトが、フェイスブックで読まれた記事のデータを基に、この1年間、国内で最も話題となったものを「10大ニュース」の形でまとめている。 […]
  • 大耳小耳2017年2月23日 大耳小耳  在リオ日本国総領事館はカーニバル観覧時に、蚊が媒体する感染症(ジカ熱、黄熱病、デング熱、チクングニア熱、マラリアなど)へ注意するよう呼びかけた。防蚊対策としては、長袖シャツや長ズボン等を着用し、肌の露出を減らす。ディート(DEET)やイカリジン等の有効成分を含む「忌避剤」(R […]
  • 大耳小耳2016年2月25日 大耳小耳  コチア青年の60周年記念誌は、前田進会長や安倍晋三首相らの挨拶文に始まり、コチア青年らの手記が並ぶ。サンパウロ人文科学研究所の宮尾進顧問は「二つの提言」という題の文章で、自分史を書くことを勧めている。青年らが未知の世界でいかに戦ったかを物語るだけでなく、「日系社会がブラジル社 […]
  • 大耳小耳2016年5月11日 大耳小耳  読者から「入れ歯(dentadura)を上手に作る歯医者を紹介してほしい」との連絡があった。なんでも「今までにサンパウロ市で2、3人ほど上手な人がいたが、年配でみな亡くなってしまった」とのこと。「サンパウロ市内で30年以上やっていて上手な人」との希望だ。日本語が出来る、入れ歯 […]