ホーム | コラム | 樹海 | LJは危機の原因ではない

LJは危機の原因ではない

 パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事が9日、「ラヴァ・ジャット作戦(LJ)は危機の原因ではない」と明言した▼14年3月のLJ開始後、建設大手を筆頭に多くの企業が摘発され、社長や役員が逮捕、断罪される一方、ブラジルを代表する公社ペトロブラス(PB)役員も次々に汚職関与が露呈して失脚した。現在はルーラ前大統領の関与が取り沙汰され、逮捕請求も出ている。多くの人は、LJ開始後に始まったPBの決算不能と負債急増、造船業界の不審などをLJのせいと見る▼だが本当は、LJ後に起きた諸問題は、汚職によって順調に動いていたかに見えた経済に汚職による歪が現れただけだ。そういう意味では、LJは現在の危機の原因ではなく、隠されていた歪とその原因である汚職や不正を暴いたに過ぎない▼よくもこれだけと思う程の不正が次々に露呈し、庶民には想像さえ出来ない額の金が動く。数々の不正は国民から選ばれた大統領や議員、彼らが選んだ公社理事達を媒介として経済を動かし、虚構とも言える経済発展の図を描き出した。ルーラ氏は好調な経済を背景に支持率を伸ばし、労働者党(PT)は2人目の大統領擁立にも成功した▼だが、そのツケは急速な経済の減速となって現れ、失業率上昇や所得減少その他の形で多くの国民を苦しませている。デウシジオ・アマラル上議がジウマ氏もLJの捜査妨害を図っていたと供述した事が3日に漏れて以来、ルーラ氏の強制連行や起訴も続き、政権交代を見込んでか、株式市場や為替が大きく動いた。それもまた、汚職の影の暗い部分の表出だ。政界浄化は時間がかかるが、膿が出切らなければ、治るべき傷も治らない。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2017年5月9日 《ブラジル》爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「彼はこのエスケーマ(ペトロロン汚職のやり方)を全て知っていた。それどころか仕切っていた」――2015年3月に逮捕以来、ずっと否認を続けてきたペトロブラス元役員、レナト・ドゥッケ被告がこの5日、そう爆弾発言をした。長期勾留が堪え、司法取引をする気になって、急に口を開い […]
  • ラヴァ・ジャットは政界を浄化しているのか?2018年4月27日 ラヴァ・ジャットは政界を浄化しているのか?  ここ数年、ブラジル政界を語るのに欠かせない話題と言えばラヴァ・ジャット作戦だ。ブラジルのみならず全世界規模で見て最大級の汚職捜査。「このラヴァ・ジャットの存在が政界の未来を明るくしてくれる」。そう信じている人は多く、国民の8割以上が捜査継続を求めている▼コラム子も捜査 […]
  • 《ブラジル》「ジウマの政策失敗のつけは、LJ作戦のそれより大きい」2017年4月25日 《ブラジル》「ジウマの政策失敗のつけは、LJ作戦のそれより大きい」  23日付エスタード紙の経済面トップは《ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で疑惑を指摘された企業は、この3年で60万人弱を解雇》と報じた。最多解雇をしたのはペトロブラスで、13年12月に44万6千人いた社員が昨年末には18万6千人と、約26万人減、マイナス58%になった―との […]
  • デウシジオが爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2016年3月22日 デウシジオが爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「俺は間違っていた。でも盗んでいないし、汚職もしていない。もちろん聖人ではないが、盗賊でもない」。先週、ブラジル史上最大規模の大抗議行動がサンパウロ市パウリスタ大通りで行われ、140万人(軍警発表)が参加した。実はそこに、デウシジオ・アマラウ上議の姿もあった。ジウマの元右腕的 […]
  • なぜデウシジオ上議は突然釈放されたのか?2016年2月27日 なぜデウシジオ上議は突然釈放されたのか?  「ジョアン・サンターナ(ルーラ、ジウマの選挙参謀)逮捕以来、ブラジリアは完全に止まった。議会再開早々の最重要案件、社会保障改革も財政緊縮も、それどころじゃないといった感じだ」。26日朝のCBNラジオで政治評論家はあきれた様子で嘆いた▼正月はとっくに終わり、太陰暦の新年もすぎ、 […]