ホーム | 日系社会ニュース | 日本の専門家が注意喚起=4都市でジカ熱セミナー
援協で行なわれた説明会。移住者から駐在員家族まで、多くの在伯者が関心を集めた
援協で行なわれた説明会。移住者から駐在員家族まで、多くの在伯者が関心を集めた

日本の専門家が注意喚起=4都市でジカ熱セミナー

 ブラジルを始めとする中南米地域でのジカウイルス感染症の流行拡大を受け、感染症の専門家ら4人が実態調査のため来伯した。ジカ熱と小頭症の関係が最初に指摘されたペルナンブコ州などを訪問、情報収集に努めた。
 今調査にともない12~16日には、ブラジル内4都市(サンパウロ市、リオ、レシフェ、ブラジリア)で在留邦人向けの健康安全講話が実施された。サンパウロ市では16日午前に在聖総領事館で、午後には援協で開催され、駐在員やその家族、移住者など合計で約100人が訪れた。
 厚生労働省健康局結核感染症課の宮川昭二感染症情報管理官や、国立国際医療研究センター国際医療局の三好知明人間開発部長らが登壇し、「まずは蚊の発生を抑えることが第一。ボウフラは川やプールではなく、植木周辺や空き缶の残り水を好む」と注意喚起。「肌の露出を控える」「虫除けをこまめに行なう」「蚊帳を活用する」といった基本対策を勧めた。
 また「黄熱病の予防接種を済ませた後、間もなくして検査するとジカ熱の反応が出たケースもあった」という症例も紹介。質疑応答では主に、女性から小頭症との因果関係に関する質問が上がった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表2016年3月12日 ジウマ大統領=リオの免疫生物学技術研究所を訪問=1千万レアル規模の研究援助も発表  ジウマ大統領は10日午後、リオ市北部のオズワルド・クルス研究院(Fiocruz)内にある、免疫生物学技術研究所(通称バイオ・マンギーニョス)を訪問した。同研究所はブラジルの主要な免疫学研究センターだ。 ジウマ大統領は午後5時頃、ヘリコプターで研究所のサッカーグラウンドに到着し […]
  • ジカ熱=小頭症を免れても油断禁物=聴覚や知的障害の危険あり=早期の診断を勧める医師2016年2月16日 ジカ熱=小頭症を免れても油断禁物=聴覚や知的障害の危険あり=早期の診断を勧める医師  【既報関連】妊婦がジカウイルスに感染した場合、その胎児に発生する障害は小頭症や視覚障害だけではないとの説が浮上していると15日付エスタード紙が報じた。 ブラジルでのジカウイルス感染拡大と共に、ジカウイルスは就学時になって判明する知的障害や聴覚障害の原因となりうるとの見解を表明 […]
  • ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加2015年12月24日 ジカウイルス=連邦政府も蚊対策を約束=小頭症の報告例15%増加  小頭症増加とジカウイルス(ジカ熱)の関係確認などで、保健省が22日、1月末までに全戸訪問を行い、ネッタイシマカの発生源撲滅を公約したと23日付伯字紙、サイトが報じた。 感染症撲滅のための活動を展開中の保健省職員4万3900人と陸軍兵の他、26万6千人を新たに動員、デング熱やチ […]
  • 小頭症問題=ジカウイルスが原因か?=サンパウロ州でも起こる可能性も2015年11月19日 小頭症問題=ジカウイルスが原因か?=サンパウロ州でも起こる可能性も  【既報関連】北東伯を中心とする小頭症の新生児急増に関し、ジカウイルス感染症が関連しているのではないかとの見方が強まったと18日付伯字紙が報じている。 妊娠中の脳の発達が悪く、脳の体積が極端に小さいため、頭蓋腔の容積が拡大せず、その後の発育にも多大な影響が及ぶ可能性がある小頭症 […]
  • 《ブラジル》小頭症児の死亡率は3倍=北東部の対応施設増加なし2018年10月16日 《ブラジル》小頭症児の死亡率は3倍=北東部の対応施設増加なし  妊娠中にジカ熱に感染した妊婦から生まれた子供に小頭症が多発している事が指摘され、保健省が両者の関係を正式に認定してから3年足らず。その小頭症児の死亡率は、健常児の3倍に及ぶと15日付現地紙が報じた。  15年11月から今年7月までに確認された、ジカ熱感染が理由で発症 […]