ホーム | 日系社会ニュース | 日本祭り=赤字30万レ覚悟で強行開催=県連臨時会議で意思確認=不景気、政局混乱の余波で
大勢の人で賑わった昨年の日本祭り
大勢の人で賑わった昨年の日本祭り

日本祭り=赤字30万レ覚悟で強行開催=県連臨時会議で意思確認=不景気、政局混乱の余波で

 ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)が毎年主催する日本祭り(7月8~10日、サンパウロ・エキスポ)に関し23日午後、文協ビル内の県連会議室で臨時代表者会議を行なった。赤字見込み30万レアルという状況を受け、開催の意思を改めて確認するもの。後日、同祭の市川利雄準備委員長(富山)らが取材に応じた。

 ここ数年、赤字覚悟の開催が続いているが、今年は特別に雲行きが怪しい。不景気による企業スポンサー減に加え、政局混乱による連邦政府の資金助成手続きが遅れているからだ。
 昨年も同額の赤字見込みだったが、最後は約7万レの黒字となった。「これまで以上に苦しいが継続したい。大不況の中、前回と同額を出してくれた企業もある。そうした期待に応えるため各県人会、ボランティア一丸で乗り越えたい」と前向きな思いを語り、関係者の支援を募った。
 赤字の最大の原因は、ルアネー法申請の返答が例年より遅れている点だ。昨年は2月に連邦政府から認可が下り、総予算300万レの内50万レほどが充てられた。今年はいまだに認可が下りておらず、不況で利益を上げる企業も少ない可能性があることから、臨時会議を開き、そうした現状報告をした上で、改めて開催の賛否を協議した。
 話し合いの結果、「会場費約100万レの内6割を前払いしているほか、中止とするには見えない部分の損失も大きい」との判断から開催が決定された。赤字30万レを覚悟しての実施。県連にはそれを補填できる貯金があるので、いざという場合はそれを一部切り崩す覚悟だ。
 損害を最小限にするため入場券を当日23レ、前売り20レに設定。前回からそれぞれ5レ値上げした。5月には一般発売を開始する。
 また議員助成(エメンダ・パルラメンタール)は今年もゼロ。公的な支援は、聖市によるメインステージの設営、州の免税プログラム「ProAC」(30万レ)のみとなった。企業によるスポンサー収入は昨年と同額を目指すが、不況のため楽観できない。
 赤字対策として委員長は「入場券の販売増」を第一に考えており、「夕方以降は入場料を下げるなど工夫が必要。金曜日は学校児童などを招待しても良い。広告費を多めに充て宣伝方法も見直す」とした。会場設営を2社に任せ競わせるなど新たな試みも行なう。
 概要も明らかになり、テーマ「スポーツと健康」に沿いスポーツ広場を設ける。車椅子卓球の体験や、義足ランナーとの100メートル競走を企画中だ。日本政府によるブースも昨年に続き設置される。また会場や駐車場の改修工事は順調で、前回のような混雑は起きないとのこと。


□関連コラム□大耳小耳

 県連日本祭りは、今年も赤字覚悟の開催に。一昨年は会場費の高騰、昨年は議員助成金が0となったことが原因だった。今年はルアネー法の認可が不透明で、汚職、政治混乱、経済不況という悪循環ときた。仕方なく入場料を値上げしたが、無料対象者もこれまでの65歳から70歳に引き上げるという。家計は火の車だが、昨年は半額や無料対象者でも、寄付だと思って一般料金を支払った者がいたと聞く。今年もきっと、そんな有志による〃ささやか〃な手助けが必要だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売2018年7月19日 日本祭り=本紙ブースに立ち寄っては=『日本文化』など書籍販売  県連日本祭りでは今年もニッケイ新聞がブースを出展する。郷土食コーナーの料理リストが載った特集号などを無料配布する。  他にも本紙が刊行した日ポ両語のシリーズ本『日本文化』のセットを特価販売するほか、ベストセラー『ブラジル人のためのニッポンの裏技』などの各種書籍を販売する。 […]
  • 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!2018年6月2日 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が先月24日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。2ヵ月後に迫る『第21回日本祭り』内で行われるギネス記録、110周年記念式典の時間変更などについて報告が行われた。  7月21日午前11時から正午までとされ […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。聖市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼びかけられ […]