ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 当地では手に入りにくい日本の書籍も多い。特に古い文学作品は、本屋でも古本市でも目当てのものが見つからない場合がある。ただし著作権が切れた作品(著作者の死後50年が経過した場合)ならば、インターネット上で無料で読めることもある。例えば青空文庫(www.aozora.gr.jp)では『羅生門』をはじめとした芥川龍之介の作品を300以上、『坊ちゃん』で有名な夏目漱石も100作品以上を掲載している。紙の本より〃風情〃は劣るかもしれないが、古い作品があれば、このサイトで探してみては。
     ◎
 恒例の文協「秋の古本市」が17日に開催された。約1万7千レを売り上げ、来場者は過去最高の650人を記録。去年は400人台だったので、4割以上も増えている。日本の小説を買いに来る日系人だけでなく、マンガを目当てに来た若い非日系の姿も多く見られたという。文協のフェイスブックページに投稿された古本市の告知記事は、40人以上によってシェア(拡散)されており、普段はあまり文協に来ないような若者の集客に力を発揮したよう。ネットの活用次第では「日本語書籍」もまだまだ売れる!?
     ◎
 伯国柔道界に初のメダルをもたらした石井千秋さん(74、栃木)が、20日配信の時事通信で取り上げられた。リオでの指導教室に臨み、メダル獲得当初の様子やリオ五輪に向けた期待を語っている。帰化してメダルを獲得した日本人という珍しい経歴から、五輪に向けて、日本でも注目が集りそう。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年12月14日 大耳小耳  リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)の池崎博文会長が、先月末交通事故に合い現在自宅で療養中という。なんでもマイリポランの別荘からの帰り、車が横転し腰を痛めたとか。そのため、東洋街で先日開催された東洋祭りでは、48年の歴史のなかで唯一欠席した。ブラジル人政治家からも「リベルダー […]
  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現した […]
  • 大耳小耳2016年8月23日 大耳小耳  伯国でも人気を博している『ポケモンGO』。今月3日に解禁されてから、東洋街でもスマートフォンを片手に道端で立ち止まりモンスターを捕まえたり、夜遅くまでうろうろしている若者の姿も。今週末開かれたポルト・アレグレ日本祭りでは7万人近い来場者がアニメに熱中し、近郊のカショエリーニャ […]
  • 大耳小耳2016年8月16日 大耳小耳  最初の1週間は3つしかなかったリオ五輪ブラジル代表のメダルが、15日午後5時時点で計8個(金1、銀3、銅4)まで伸びてきた。とはいえ、「10位以内目標」のはずが、現在は29位と低迷…。それゆえに体操のオヤカワ・ノリ(銅)、遠泳の沖本ポリアーナ(銅)ら日系選手の健闘が光る。また […]
  • 大耳小耳2016年7月12日 大耳小耳  土曜日付けで報じた5団体によるリオ五輪日本人支援委員会。特設ページの開設には、15社から22口の協賛があったという。商工会議所の村田俊典会頭は、「会議所では今年、日系社会委員会を日伯交流委員会に改めた。応援イベントなどを通じ、進出企業とコロニアの交流を深めたい」と積極協力の構 […]