ホーム | 日系社会ニュース | 森林農法普及に手応えあり=JICA草の根技術協力=普及認証計画無事に終了
来社したプロジェクト推進団体関係者
来社したプロジェクト推進団体関係者

森林農法普及に手応えあり=JICA草の根技術協力=普及認証計画無事に終了

 「持続可能な森林農法普及による地域活性化を」――。JICA草の根技術協力として東京農工大学が中心となり、2011年11月より開始された「日系遷移型アグロフォレストリー(SAFTA)普及認証計画」が5年間を以って無事に終了、18日に来社した一行はその成果や手ごたえをじっくりと語った。

 同計画の発起人である東京農工大学大学院・山田祐彰準教授は、「環境保護や生物多様性を軸として入るとプロジェクトは失敗する。SAFTAはそれだけ繊細な農法だ。まずは、小農家に農法を習得させ、経済的な安定につなげることが最重要だ」と計画の核心を説明する。
 本計画には、東京農工大学、トメアスー総合農業共同組合、トメアスー文化農業振興協会などが中心となり、産官学連携により推進された。
 これまで、実証圃場設置やセミナー開催などを通じた非日系小農家への普及活動や、産地認証や社会技術としての作物の品質・生産性向上のための基準作りなど、ブラジル特許商標庁(INPI)への出願準備、地元企業への啓発活動を中心として取り組んできた。
 同大学のエリオ・マコト・ウメムラ調査員は「普及活動のなかで、小農家の農業に対する意識変化や競争意識が芽生えてきた。生きたモデルが近くにあることが重要だった」と普及活動の手応えを感じている。
 普及を可能とする背景には、そこで生産された多品種の熱帯果実を大量に買い上げる「ジュース工場の存在が大きかった」と強調した。生の果実では遠くまで運べないが、JICA融資によって設立されたこの工場で加工することで、リオや聖市などの大市場に流通できる製品になる。
 2014年11月にはその普及に対する功績が認められ、トメアスー総合農業共同組合は、ブラジル調査・研究事業融資機構より技術イノベーション賞社会技術部門の優秀賞を受賞した。
 今後はさらなる支援に向けた日系企業への啓発活動や、INPIへの出願手続きなどを継続してゆく。パラー州政府も関心を示しているという。
 トメアスー文化農業振興協会の乙幡敬一アルベルト会長は、「トメアスー全体の経済発展によって、地域が活性化し、治安改善につながれば」と今後の展望について語った。
     ◎
 森林農法(アグロフォレストリー)とは、農業と林業の合成語。樹木を植栽した樹間で農作物を栽培する農林業のこと。トメアスー移住地での胡椒単一栽培で挫折を経験した日本移民が、自然の摂理に適合するように、試行錯誤の上、取扱い作物の多角化を図ったことから発展した農法だ。森林伐採による畑の開墾ではなく、同じ畑で長期的収益を得られ、環境と共存可能な農業として注目を浴びている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 参議院選挙の日程が決定=在外公館投票は7月5日開始2019年6月27日 参議院選挙の日程が決定=在外公館投票は7月5日開始  日本政府は臨時閣議で「第25回参議院議員通常選挙」を「7月4日公示、21日投開票」の日程で実施すると正式に決定した。これに伴い、伯国でも、各地の在外公館にて、次の日程で在外投票を受け付ける。  在外公館投票は5日から開始の予定。投票終了日は公館によって異なり、在聖日本国総領 […]