ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 フェルナンド・ハダジ聖市長は、聖市議会が5月3日までに〃Uber法案〃(29日付本面3段記事参照)を採決しなかった場合、行政命令を出す可能性を示唆した。同法案に反対するタクシー運転手ら5千人が聖市議会を取り囲んだ27日、反対派の市会議員たちがその日の採決を無期延期させたが、ハダジ市長は同法案の早期成立を願っている。市長はタクシー配車サービス会社に対し認可証を販売し、財政を潤し、運行台数を管理できると考えている。
     ◎     
 5月1日(日)は世界労働者の日(メーデー)で、各労組が開催する集会やイベントには、様々な歌手やアーチストが招かれる。労組中央機関(CUT)が午前10時から聖市中央のヴァーレ・ド・アニャンガバウーで開く集会は、〃民主主義と権利〃がテーマで、ベッチ・カルヴァーリョ、マルチーニョ・ダ・ヴィラ、デトナウタス、シコ・セーザル、ルアーナ・アンセンなどがショーを行う。このイベントにはルーラ前大統領の出席が予定され、ジウマ大統領も招かれているが、出席は未定との事。
     ◎     
 南米ナンバーワンクラブを決めるリベルタドーレス杯も、今週より決勝トーナメントに入った。伯国から16強に残ったチームは、コリンチャンスとアトレチコ・ミネイロが共に敵地で0対0引き分け、まずまずのスタート。グレミオは地元0対1と痛い敗戦、サンパウロは地元で4対0の大勝と明暗が分かれた。聖州選手権で散々だったサンパウロFCは、ずっと重要度の高いこの大会での8強進出が濃厚と、〃天国と地獄〃を地で行く展開に。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年2月23日 東西南北  ルーラ前大統領やジウマ大統領の選挙参謀として知られるジョアン・サンターナ氏への逮捕令状が22日に出されたことで、労働者党(PT)がいよいよ窮地に立たされた。それに先立って行われたイボッピの世論調査では、18年の大統領選へ再出馬が予想されるルーラ氏への拒絶率は61%と、実に3人 […]
  • 東西南北2017年4月21日 東西南北  本面でも報じているように、ルーラ元大統領にまつわる疑惑のひとつ、アチバイアの別荘問題に関して、オデブレヒト社側から疑惑を後押しする証言が相次いでいる。それにも関わらず、18年大統領選での同氏の人気は依然、高いままだ。イボッピが20日に発表した大統領選挙のアンケートによると、「 […]
  • 東西南北2016年2月12日 東西南北  ルーラ前大統領が10日、インターネットでビデオ・メッセージを送った。3分半ほどのビデオは労働者党(PT)の創立36周年を祝うためのもので、ルーラ氏は「PTは現在、困難の中にある」が「伯国史上最も偉大な政党」とした上で、「我々も過ちを犯すし、過ちを犯した者はその代償を払わなけれ […]
  • 東西南北2016年11月5日 東西南北  本日報じた、3日に行われた最高裁での大統領の代行権所有者の処遇に関する判事投票の際、最高裁の外では、レナン・カリェイロス上院議長に対する抗議運動が行われた。中でも注目されたのは、囚人服を着たレナン議長の巨大なインフレータブル(空気)人形で、最高裁の屋上がへその部分にあたるとい […]
  • 東西南北2016年7月19日 東西南北  本日付の記事にもあるように、経済見通しの好転を背景に、国民の半分がミシェル・テメル大統領代行の続投を望んでいることが明らかになった。奇しくもテメル政権で財相をつとめているエンリケ・メイレレス氏は、ルーラ元大統領がかねてからジウマ大統領に起用を薦めていたにも関わらず、ジウマ氏が […]