ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 リベルダーデの和食店「エスパッソ和」では、熊本地震を受けて義援金の募金を独自に始めた。店舗の入り口そばには、大きくSOSと書いた紙に被災地の写真を貼り、「熊本地震災害援助献金」と書いた箱を設置している。余震は1100回を超え、熊本城の石垣が崩れただけでなく、湧き水で有名な水前寺公園の水が枯れるという異変も起きており、現地住民の心の傷はいかばかりかと心配になる。募金箱の設置運動がさらに広がってほしいところ。これに乗じて詐欺師が出ないよう注意もしたい。
     ◎
 2012年8月に開設した、本紙フェイスブックページ(www.facebook.com/nikkey.shimbun)への「いいね!」が1500件を突破した。ブラジル関係の日本語サイトとしては、フェイスブック上で常に1、2位を争う状態を続けている。立ち上げから3年弱で千件に到達し、この1年だけで500件増加した。かなり注目度が上がっているような「いいね!」ボタンの増加ペースだ。五輪や政治混乱でブラジルへの関心が高まっている証拠か。FBは厳選記事のみだが、全て閲覧できるサイト(www.nikkeyshimbun.jp)にも訪れてみて。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年7月31日 大耳小耳  日本ブラジル中央協会(大前孝雄会長、東京都港区)発行の会報『ブラジル特報』1645号が7月に刊行された。今回も読みどころ満載だ。【特集・ブラジル政治塾】(舛方周一郎・神田外語大専任講師)は、大統領選で《ルーラが出馬しない前提での決選投票で、アルキミン(PSDB)とシロ・ゴメス […]
  • 大耳小耳2018年6月8日 大耳小耳  トラックストの影響で聖南西のいくつかのイベントが日程変更にした。レジストロで行われる「第18回聖南西カラオケしんぼく」が5月27日から7月1日に、カッポンボニートで行われる「第62回相撲大会」が6月3日から同月24日にそれぞれ日程を変更した。またサンミゲル・アルカンジョの「第 […]
  • 大耳小耳2017年12月6日 大耳小耳  山形県人会の青年会は来年1月から月に1回程度、ポ語学習者を対象にした勉強会の開催を計画している。駐在員家族など聖市に来たばかりでポ語に不慣れな人々を集めて、青年会会員、日語学習者がポ語の日常会話を教えるもの。教科書に載らない俗語表現を学び、すばやいやり取りの会話に慣れられそう […]
  • 大耳小耳2017年10月5日 大耳小耳  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)が、9日に、日系伯人が多く居住する滋賀県湖南市を訪問する。日系人妻を持ち、同市内日枝中学校で外国籍児童への教育に精力的に励んできた青木義道教諭の存在を知り、外国籍児童を多く抱える同市内の教育現場に、昨年 […]