ホーム | コラム | 樹海 | 知識だけでは片手落ち?

知識だけでは片手落ち?

 「何事も経験」という言葉がある。何事も自分で経験してみるまではわからないとか、本質が掴めないといった意味の言葉だ▼左右の聴力に差がある原因を知るための検査の予約票を取りに行く時、バス停で30分待たされた。ところが、帰りのバスで別の線で途中まで来て乗り換えれば早いと気づき、地団太を踏んだ時、この言葉が思い浮かんだ。と同時に、同日朝聞いた「ジウマ大統領は経験不足で横柄だったが、様々な抗議行動後に『もっと街頭に出よ』と言われてやっと外に出始めた。でも、街頭に出る事の意味は理解していなかったようだ」とのTV解説者の言葉も思い出した▼10年の大統領選の時、マルタ・スプリシー上議はジウマ氏に「ハイヒールじゃだめ。靴の底を減らさなきゃ」と助言した。街頭で選挙民に触れ、生の声を聞くには、かかとの細い履物は役立たないと知る先輩故の言葉だ。だが、市長選などを何度も経験したマルタ氏と違い、その時が初選挙だったジウマ氏はルーラ政権の景気高揚の波に乗って当選した▼ジウマ氏はその後も前大統領や労働者党(PT)の庇護を受けたが、議会工作などは苦手で、前大統領やPTと距離を置こうとした時期もあった。ルーラ氏が敷いたレールの上を走っただけなのに、当選は実力であるかの如き振る舞いはPTからも批判を浴びたし、民意をはかりかね、ルーラ氏らの助言を仰いだ事も数多い▼前大統領の構想は18年選挙での返り咲きとPT政権存続だったが、ラヴァ・ジャットでの告発や今回の罷免騒ぎでその夢は潰えるだろう。頭の中や机の上で描いた絵が潰れる段階で、ようやく経験不足や設計ミスに気づくのも悲劇だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • これではクロロキンやイソジンを求めたくなる?2020年8月7日 これではクロロキンやイソジンを求めたくなる? 「これがコロナウイルス対策の世界のトップが言う言葉なのか」。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が3日に発言した言葉に愕然とした。 「現状で特効薬は見つかっていないし、永久に見つからないかもしれない」。現在、世界中の人たちが、「第3段階まで行った」というワクチンが […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]