ホーム | コラム | 樹海 | 知識だけでは片手落ち?

知識だけでは片手落ち?

 「何事も経験」という言葉がある。何事も自分で経験してみるまではわからないとか、本質が掴めないといった意味の言葉だ▼左右の聴力に差がある原因を知るための検査の予約票を取りに行く時、バス停で30分待たされた。ところが、帰りのバスで別の線で途中まで来て乗り換えれば早いと気づき、地団太を踏んだ時、この言葉が思い浮かんだ。と同時に、同日朝聞いた「ジウマ大統領は経験不足で横柄だったが、様々な抗議行動後に『もっと街頭に出よ』と言われてやっと外に出始めた。でも、街頭に出る事の意味は理解していなかったようだ」とのTV解説者の言葉も思い出した▼10年の大統領選の時、マルタ・スプリシー上議はジウマ氏に「ハイヒールじゃだめ。靴の底を減らさなきゃ」と助言した。街頭で選挙民に触れ、生の声を聞くには、かかとの細い履物は役立たないと知る先輩故の言葉だ。だが、市長選などを何度も経験したマルタ氏と違い、その時が初選挙だったジウマ氏はルーラ政権の景気高揚の波に乗って当選した▼ジウマ氏はその後も前大統領や労働者党(PT)の庇護を受けたが、議会工作などは苦手で、前大統領やPTと距離を置こうとした時期もあった。ルーラ氏が敷いたレールの上を走っただけなのに、当選は実力であるかの如き振る舞いはPTからも批判を浴びたし、民意をはかりかね、ルーラ氏らの助言を仰いだ事も数多い▼前大統領の構想は18年選挙での返り咲きとPT政権存続だったが、ラヴァ・ジャットでの告発や今回の罷免騒ぎでその夢は潰えるだろう。頭の中や机の上で描いた絵が潰れる段階で、ようやく経験不足や設計ミスに気づくのも悲劇だ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]
  • アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?2019年9月17日 アラス氏の連邦検察庁長官就任は民主主義の後退?  世界的にも珍しい「ブラジル式民主主義」を象徴する慣習を無視――ボウソナロ大統領が5日、次期連邦検察庁特捜局(PGR)長官(日本式に言えば「検事総長」)に、3人リスト(lista […]
  • 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」2019年9月13日 伯国激動の時代を風刺した映画「バクラウ」  「激動の時代にこそ、芸術は生まれる」。そのようなことは昔から言われる。たしかに「為政者からの圧力が強かったがゆえに生まれた芸術」の例は古今東西、枚挙に暇が無いが、現在、公開中の映画で、伯国史上、初のカンヌ映画祭受賞作(審査員特別賞)となった「バクラウ」は、まさにそんな […]
  • 9・11と黄色い9月2019年9月12日 9・11と黄色い9月  11日朝、「米国の同時多発テロ事件から18年」との報道が続いた。時の流れの速さに驚くと共に、余りにも鮮明に記憶に残る事件の一つだと痛感する。飛行機が相次いでビルに突っ込み、爆発的な火災が発生。多くの死者は遺体さえ発見されていないし、近接ビルの屋上から多くの骨片回収との報道もあ […]