ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 岐阜県人会による会報4月号が編集部に届いた。3月19日には県人会として初となる、ミナス州ポッソス・デ・カルダスへの一泊旅行が催行されたという。22日にはカンポス・ド・ジョルトンへの日帰りピクニックを企画中。会長が変わって、行事が少し賑やかになってきたか? 町並みが美しく別名〃ブラジルのスイス〃とも言われる同地。まだ行ったことのない方はこの機会にいかが。問い合わせは同会(11・3209・8073)まで。
     ◎
 『コチア青年2世・3世の会』の第1回会議が3月13日にコチア市役所講堂で行われ、約30人の参加者があったと会報「コチア青年」34号にあった。父が1次3回生の飯星ワルテル下議補欠も、じっくりと若手と話し合ったよう。担当責任者の杓田真奈美さんは「後継者会が今後発展するよう、こういった人的なつながりを利用して、それぞれの職業に活用したら」と提案したとか。せっかくの若者同士のつながりなのだから、野外パーティとか音楽イベントとか、若者が参加したくなるようなのと一緒にやるのもいいかも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 20世紀-コロニアの20人2000年1月1日 20世紀-コロニアの20人  日本人の海外発展史にあって、二十世紀はブラジル移住の世紀でもあった。移民前史からのほぼ百年をかけて二十五万人余が移住。扶植された子孫は百四十万人におよび、海外最大の日系集団地を築き上げた。この間、コロニアは各分野に多くのパイオニア、指導者を得て、裾野の広い活動を営んでくる […]
  • 大耳小耳2016年11月5日 大耳小耳  コチア青年の古希・喜寿・傘寿合同祝賀会では、記念品としてお盆やすし桶が該当者に贈られた。前田会長によると、7~8年前は湯飲みや花瓶だったそう。「安っぽいしねえ。すし桶とお盆に変えたら反応も良かった」と笑った。普段使いできるものも良いが、「そこでしか貰えない物」も良い。島根県人 […]
  • 大耳小耳2016年6月15日 大耳小耳  戦後初の練習艦隊でサントスへ入港した橋勝雄さんは現在、米国「倫理の会」会長も務めている。ロサンゼルスで庭園業を行いながら、県人会などの集まりでは「羅府らふ亭勝助」の高座名で落語を披露する。今回は当地の同会の招聘で4度目の伯国来訪だ。取材に同席したブラジル倫理の会の須郷清孝会長 […]
  • 大耳小耳2016年2月26日 大耳小耳  24日付け6面でお知らせした、日本の偉人に焦点を当てる広島県人会の講演会。テーマの一つである「村上水軍」についてネットで調べたところ、ミニスカートをはいた(いかがわしい)少女のアニメ画像がチラホラ。荒れ狂う海の上で戦う勇ましい男たちの姿を勝手に想像したのだが、どうやら「村上水 […]
  • 大耳小耳2015年2月14日 大耳小耳  山形県人会の総会に出席した、聖州タウバテ在住の海藤司理事。海藤三味線教室の代表を務める同氏は、レシフェ領事事務所の依頼により、同地で外交120周年事業の邦楽公演を行なった。「レシフェはもう3度目で今回も盛況だった。海沿いの町は大体行ったよ」と、精力的に活動しているよう。三 […]