ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 伯国音楽界の巨星墜つ=85歳のCペイショット=65周年記念ツアーの最中に
在りし日のペイショット(Paulo Pinto/Fotos Públicas)
在りし日のペイショット(Paulo Pinto/Fotos Públicas)

伯国音楽界の巨星墜つ=85歳のCペイショット=65周年記念ツアーの最中に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》政策金利(Selic)=今回も年利6.5%で据え置き2018年8月3日 《ブラジル》政策金利(Selic)=今回も年利6.5%で据え置き  ブラジル中銀は7月31日、8月1日に行われた通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を年利6・5%に据え置く事を決めたと、2日付現地各紙が報じた。  Selicは今年3月末に、1996年の制定以来、最低値の年利6・5%となり、以後、5月中旬、6月下旬、今回 […]
  • 《ブラジル》経済基本金利(Selic)=5回連続で、年利6.5%で据え置き2018年11月2日 《ブラジル》経済基本金利(Selic)=5回連続で、年利6.5%で据え置き  ブラジル中銀は10月30、31日に行われた通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を年利6・5%に据え置く事を決めたと、1日付現地各紙が報じた。  今回は、ボウソナロ氏が次期大統領に当選してから初のCopomだった。中銀はこれで、3月以降、5会合連続で据え […]
  • 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続2019年2月8日 《ブラジル》経済基本金利6.5%据え置き=低インフレ続き、低金利を継続  今年初めてのブラジル中銀、通貨政策委員会(Copom)が5、6日に開かれ、経済基本金利(Selic)は満場一致で現在の年利6・5%のままで据え置きとなったと、7日付現地各紙が報じた。  ボウソナロ政権発足後、初の開催でもあったCopomは、昨年3月より、7会合連続で […]
  • 政府が年金改革法案を説明=受給開始年齢を一律65歳に=与党内からも反発必至か2016年12月7日 政府が年金改革法案を説明=受給開始年齢を一律65歳に=与党内からも反発必至か  ミシェル・テメル大統領(民主運動党・PMDB)は5日、年金改革法案を6日にも議会に提出することを発表したと6日付伯字各紙・サイトが報じている。  テメル大統領は、5日の夜、エンリケ・メイレレス財相、ロドリゴ・マイア下院議長(民主党・DEM)と共に、各連立与党と労組の代表 […]
  • 《ブラジル》経済基本金利を、予想に反し6.5%に据え置き=「ドル高警戒」と市場は分析2018年5月18日 《ブラジル》経済基本金利を、予想に反し6.5%に据え置き=「ドル高警戒」と市場は分析  【既報関連】ブラジル中銀は15、16日に行われた通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を年6・5%で据え置くことを全会一致で決定したと、17日付現地紙が報じた。  中銀は金利据え置きと同時に、一昨年10月に始まった金利引き下げの流れに区切りを付け […]