ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 本紙11日付「大耳小耳」欄で、読者から「入れ歯を上手に作る歯医者を紹介してほしい」との呼びかけを掲載したら3人から回答を得た。(1)マリオ・ハヤシ歯科医は日本語が達者。「08年に入れ歯を作ってもらったが、一回も痛くならなかった」と男性読者。「本人が引退していても息子が継いでいるのでは」。<電話=11・3207・6944、住所=Rua Barao de Iguape, 381 – Liberdade>(2)パウロ・アラキ歯科医は「日本語はいまひとつだが、腕は一流」と男性読者。<11・2641・4068、Rua Lourdes, 237 – Penha>(3)シゲル・ウエダ歯科医は日本語が達者で「絶対お薦め」と女性読者。<11・3721・7239、Rua Licio Marcondes do Amaral, 74 – Caxingui>。全員が聖市。あくまで読者による推薦。編集部が保証するものではありません。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2015年2月17日 大耳小耳  ブラジルではほぼ誰も知らないが、2月14日は日本ではバレンタインデー。同日のカーニバル成功記念レセプションでは、それにちなんで、コシノ・ジュンコさんから本人デザインの特製チョコレートのプレゼントが。五所川原市からは、ねぷたがプリントされた特別な手ぬぐいも用意された。じゃん […]
  • 大耳小耳2019年6月26日 大耳小耳  8月18日に開催される「第10回全伯俳句大会」に向けて現在、「兼題」が応募受け付け中で、締め切りが30日に迫っている。大会委員の浜田一穴さんは「今回は10回の節目、より盛大にやりましょう。30日消印まで有効なので急いで送って!」と呼びかけている。投句料は無料。兼題は冬季一切、 […]
  • 大耳小耳2019年4月27日 大耳小耳  ブラジル日本会議(徳力啓三理事長)は第2回「日本人の歴史物語」講演会を、30日(火)午前10時半から力行会サロン(Rua Primeiro de Janeiro, 53 - Vila […]
  • 大耳小耳2019年1月15日 大耳小耳  「リオ祭り」が今月25~27日に、バッラ・ダ・チジュッカ区にあるリオセントロ・コンベンション・イベントセンターの第四パビリオン(Av. Salvador Allende, 6555 – Barra da Tijuca, Rio de Janeiro, […]