ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サッカーのコパ・アメリカ100周年記念大会で8日、セレソンはマイアミ州でハイチと戦い、7―1と圧勝した。奇しくも14年W杯でセレソンがドイツに大敗したときと同じスコアだが、この日の出場選手にあの試合の先発メンバーはおらず、ダグラス・コスタの欠場でチャンスを掴んだフィリペ・コウチーニョが3得点(ハットトリック)を決めた大活躍が光った。これでセレソンは、次戦のペルー戦で勝てば文句なし、引き分けでもエクアドルがハイチに7点差以上の点差で勝たない限り、B組の1位通過となる。ただ油断してペルーに敗れるとリーグ戦敗退となるので注意が必要だ。
     ◎
 全国に衝撃を与えた、9日のサンパウロ市南部ヴィラ・アンドラーデでの10歳の自動車強盗イタロ君の軍警による射殺事件はその後、同乗の11歳の少年が「イタロは銃なんて持ってなく、軍警が作りあげたデマだ」と言って注目された。同件ではさらに、「イタロ君が軍警に向かって銃を3発放つのを見た」という証言者が現れ、イタロ君の手から硝煙反応が出たとの鑑定結果も出た。だが、硝煙反応は使用後間もない銃を持たせても残るし、証言者は「銃声を聞いたがどこから発したかはわからない」と言ったともいう。今後どうなる。
     ◎
 9日未明から早朝にかけてのサンパウロ州は今年一番の寒さとなり、多くの市で最低気温が5度を下回った。カンポス・ド・ジョルドンでは1・5度まで下がったという。だが、南伯はそれ以上で、9日は38市で最低気温が零下となり、霜や氷柱も見られた。まだまだ寒くなりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年8月16日 東西南北  13日にエドゥアルド・カンポス氏が犠牲になった、サンパウロ州サントスのセスナ機墜落の検証は今も行なわれているが、墜落の瞬間の推測が進んでいる。墜落現場となった民家の間にあった中庭には直径10メートル、深さ3メートルの大きな穴が開いたが、専門家は、この穴から判断するに飛行機 […]
  • なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ2019年2月1日 なんとか体裁の整ったコパ・アメリカ  現在、アラブ首長国連邦で開催されているサッカーのAFCアジア・カップ。今回のトーナメントで日本代表は大活躍し、今日1日ブラジリア時間の正午にカタールと優勝をかけて決勝を戦うが、これは南米サッカー界にとっても思わぬうれしい結果となった▼なぜなら、6月に行なわれる、サッカ […]
  • コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦2019年1月29日 コパ・アメリカ=組み合わせ抽選行われる=セレソンはボリビアと開幕戦  6月14日に開幕する、サッカー南米選手権(コパ・アメリカ)のグループ・ステージ組み合わせ抽選会が24日夜にリオで行われ、開催国のブラジル代表(セレソン)は、ボリビア、ベネズエラ、ペルーと共にAグループに入ったと25日付ブラジル各紙が報じた。  この大会は、南米サッカ […]
  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 2018年ブラジルスポーツ界=サッカー落胆、水上競技で一矢報いる=サーフィンでメジーナ世界一=来年リマでパン・アメリカン2018年12月28日 2018年ブラジルスポーツ界=サッカー落胆、水上競技で一矢報いる=サーフィンでメジーナ世界一=来年リマでパン・アメリカン  今年のブラジルスポーツ界は、6月から7月にかけてロシアで行われたサッカーW杯が最大の注目を集めたが、ブラジル代表(セレソン)は、昨年までの南米予選や年明けからの親善試合での好調さを受けた期待の高さを裏切り、あっけなく準々決勝でベルギーに屈した。  ブラジルではサッカ […]