ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(20)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(20)

 矢野養鶏部長が「千年君どうかね、良いところだろう」と訊いた。
「ハイ驚きました。随分広いですね。しかし、これだけ広けりゃ、気持ちが良いですね。でも、ちと気になりましたが、あのマモンは(果物)は切ってもよろしいですか。あれは鶏には外敵だと思いますが」
「ほう―、良く気がついたな。さすが千年君だ。今から予防を始めるとは。我々も見込んだだけはある。その調子でよろしく頼む」
「それにしても余りの広さ。一体計画はどうなっていますか」
「計画書はサンパウロから持っては来てはいるが、まず何より先に、試験場らしい形態の敷地整備準備と整地を頼む。近いうちに測量技師を寄こすから、彼と相談してくれ。ああそうだ。君の相談役として本部から一人古参の従業員を常駐して貰うから、その人が来るまでに、整地ができそうな人材を取りあえず十四、五人集めて置いてくれないか。
 この街の新聞等に広告を掲載する段取りは付けておいた。そうだ、君の寝起きする所だが、一先ずこれから連れて行く。だが、先ほど農場の入口の道端のボテコ(田舎の小さな食品等の小間物店)があっただろう。あそこで君が当分寝泊まりして、種鶏場らしい立派な鶏舎を建設しておいてくれ。そのうち事務所や従業員住宅も充分建てる予定だ。とりあえず君に任す。資金は町の出張所に言ってくれ給え。後は頼んだよ」
 いやはや、こんな事をしたことがない。見た事ない。だが日本を出る時、若干二十一歳の履歴書には、「実家は養鶏場。特技は大工」とご丁寧に書いてあったのだ。その上、先の行方(なめかた)家は養鶏農家、あそこで鶏飼い鶏舎作りは証明済みとあって、有無を言わさず実行する羽目となったようである。
 とにかく、彼、千年太郎(ちとせたろう)には、どうやら生まれつき、故郷の土地柄であろうか、親の人柄か、かなり強い信念と智看(ちみち)な先入観が備わって居るようだ。何事も、計画性と目的をいかに発揮出来るか、有利に進めるか、常に感が働き、何事もウロタエない。小柄でユーモラスなところが人に接する態度、どことなく感じられる仁徳があるのかも知れないと思われているようだ。
 やる事、なす事、すべからず慎重である、欠点は危ない橋は見事に渡らない、だから大物には成れない、などと陰口叩かれても華々しい栄誉は性に合わない。自身で「月のかけら」的行動言動を好むので有ろう。彼の口癖は「親の教えは尊いものよ」。若芽は大事に見守るべしが、信念らしい。
 そうこうしている内に半年がたった。このころには農事試験場らしく従業員も十カ家族以上に成り、サンパウロ本部から古参の木村と名乗る人が場長として赴任して来た。中々気さくな良い人で、千年太郎君を何事にも頼りにして呉れる。太郎君としては職場に支障はなく、賑やかに職務順調に進んだ。
 ある日、新入りの日本人青年がガララッぺス市から種鶏場に這入って来た。取り立てべつに変わったところはなかったが、彼にはガララッぺス市では有力者の義兄、大塚氏が居られた。この方がどうしても義弟のために、木村場長と千年君に遅ればせながら一献差し上げ御挨拶がしたい、是非ご来宅願いたいと、義弟・山中仁君を通じてお誘いが来た。
 木村場長は仕事より、お酒が仕事と自任する程の人。即座にお受けした。次の土曜日午後に伺いますと即答した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)2016年7月29日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)  特に専務は、「これからの君に期待されている特大有望地区なのだ。ここを二週間、君と周り、俺の全ての知識は一応説明した。だが、これからは君が奥さんにも教えながら頑張りなさい。そして早く軌道に乗せて、新入営業マンを二、三人抱える様になれば、奥さんなんか働かせなくてブラジルに錦を飾っ […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)2016年7月27日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)  「いかん、いかん。俺は一体なにしに来たんだ。女房の静江や子供を何とする。いかん、いかん。そんなお前じゃないだろう。どうした、どうした」と太郎は自分の頭を自分で叩きながら自問した。 自業自得で人様に笑われて、家族に悲しい想いをさせる自堕落を何とする。自分のふがいなさに、一人思い […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)2016年7月28日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)  何にも知らないのは千年太郎一人。彼女(森沢須磨子)と千年の経緯(いきさつ)を全部知り尽くして対応されているのには、また驚く千年だった。 「だとすると、なぜなんだ?」と自問した。要は自分の力量だけが目的なのか。「『株式会社・大東建装』は実力、実績本位の企業なのか、昨今国内外で話 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40)2016年7月21日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40) 「なんだって、青森かい」「あなた青森に行きましょう」「青森は、ちと遠いよ」 しかし千年は、「しかし、待てよ。ホテルに泊まるより良いかもね。そうだ青森にしよう。そうだ、まず東京に行こう」と考え直した。 横浜駅に行って、青森行きを駅員に尋ねた。「東京駅から夜行があります」と言う駅員 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)2016年7月22日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)  その頃、再三、岐阜市を訪問していた千年君。そのついでに大阪の企業のお膳立てで、ブラジルからの「出稼ぎについて」と題した講演会に招待された。そこで出稼ぎ事情をお話したが、その席に彼の支店長さんが出席していたようで有った。そんなことを書いたメモが、現金五万円と共に例の封筒に入って […]