ホーム | 文芸 | 連載小説 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎 | 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(19)

自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(19)

 入ってまずビールを注文。「何かおつまみは」とガルソンが聞く。奥地のフランゴ(若鶏)のから揚げを注文した。昼間の余りにも美味しい味に釣られたのである。でも、出てきたから揚げは、鶏は鶏でも鶏の味が違う。これが当たり前の味なのだ。
 グイグイ遣っていたら、ガルソンが遣って来た。「セニョール(貴方)はどこから来たか」と聞く。「サンパウロから来た」と答えたら、相槌打つ様にニッコリしていた。何を注文するかと聞く。今日は水曜日だから、あるいはフェジョアーダ(ブラジル名物料理)は無いかと尋ねた。ガルソンは夕食には無いと答えた。仕方ない(注=ブラジルの習慣としてフェジョアーダは毎週水曜日と土曜日の昼食と相場は決まっている)。ビールをもう一本といった。
 そこへガルソンがまたやって来た。「お客さん、昼の残りで良かったら有るよ」と来た。「おお、ついてるね、それを頼む」。こちらのフェジョアーダは幸い見事においしかった。
 さてホテルに戻り横になったが、中々寝着かない。今日の井出利葉家の家族に出会い、会話は日本の家族の現状を話したが、斜め前に座った娘さんの視線が妙に健康的で、眠気どころか眼が冴えるのが気になった。
 だがアルコールのせいで、いつしか眠り目覚めると日差しが見えた。手ばやく身の回りを整えてサーラ(食堂)へ。トーマカフェ(朝の軽食)を摂りながら、今日の予定を頭の中で整理していた。
 今日は、いよいよサンパウロ産業組合中央会ミランドーポリス農事試験場勤務の第一日目である。まず市内にある組合の事務所兼倉庫(地区支店)を訪ねた。六十歳位の頭の綺麗に禿げあがった人の良さそうな気品の良い主任(源)さんと組合本部理事の矢野さんの二人が、千年(ちとせ)太郎が来るのを今や遅しと待っていた。
 挨拶もそこそこに、試験場現場に直行する事となり、ジープに乗り込み、田舎道を走ること五キロメートルくらい。本当に田舎道である。その頃の農道は雨水が道の真ん中を流れるので、道は段々低くなり、両側が土手のように高くなり、草が覆い茂って両側が見えない。
 さすがの太郎も驚き、「果たして試験場があるのか」と疑い始めた。かれこれ三十分くらい経った頃、ジープが止まった。
「千年君ここだよ。着いたよ」
「エッ、ここですか。コーヒー畑ではないですか」
 外を見て太郎は二度びっくり。
「矢野さん、まさかここですか」
「そうだよ、ここだよ。これから、ここに養鶏試験場を君に作ってもらう。土地はどれだけ使って貰ってもいい。このカフェザル(コーヒー畑)は二十アルケール(五十ヘクタル)ある。君の好きなだけ使ってくれ。ただし、このコーヒーの木は、君がカマラーダ(現地使用人)を使って耕してください」
 これで太郎は三度びっくり。ひとまず広大なコーヒー畑(農場)をジープで巡回する事と成った。広々としており、高低の差が余りなく、ひとまず安心であった。
 小さなほっ建て小屋に止まった。中にはカマラーダ(現地日雇い人)らしい男が三、四人ほどいた。彼らは建設予定地内のカルビー(雑草刈り)をしている者達のようであった。
 これで一応一周りして来たようだが、野生のマモンが至るところに色づいていて野鳥のえさになっているようだ。そのほかトウモロコシ、マンジョウカ(イモ)等々が沢山あり、やはりブラジル農村の風景であった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)2016年7月29日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(44)  特に専務は、「これからの君に期待されている特大有望地区なのだ。ここを二週間、君と周り、俺の全ての知識は一応説明した。だが、これからは君が奥さんにも教えながら頑張りなさい。そして早く軌道に乗せて、新入営業マンを二、三人抱える様になれば、奥さんなんか働かせなくてブラジルに錦を飾っ […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)2016年7月27日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(42)  「いかん、いかん。俺は一体なにしに来たんだ。女房の静江や子供を何とする。いかん、いかん。そんなお前じゃないだろう。どうした、どうした」と太郎は自分の頭を自分で叩きながら自問した。 自業自得で人様に笑われて、家族に悲しい想いをさせる自堕落を何とする。自分のふがいなさに、一人思い […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)2016年7月28日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(43)  何にも知らないのは千年太郎一人。彼女(森沢須磨子)と千年の経緯(いきさつ)を全部知り尽くして対応されているのには、また驚く千年だった。 「だとすると、なぜなんだ?」と自問した。要は自分の力量だけが目的なのか。「『株式会社・大東建装』は実力、実績本位の企業なのか、昨今国内外で話 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40)2016年7月21日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(40) 「なんだって、青森かい」「あなた青森に行きましょう」「青森は、ちと遠いよ」 しかし千年は、「しかし、待てよ。ホテルに泊まるより良いかもね。そうだ青森にしよう。そうだ、まず東京に行こう」と考え直した。 横浜駅に行って、青森行きを駅員に尋ねた。「東京駅から夜行があります」と言う駅員 […]
  • 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)2016年7月22日 自伝小説=月のかけら=筑紫 橘郎=(41)  その頃、再三、岐阜市を訪問していた千年君。そのついでに大阪の企業のお膳立てで、ブラジルからの「出稼ぎについて」と題した講演会に招待された。そこで出稼ぎ事情をお話したが、その席に彼の支店長さんが出席していたようで有った。そんなことを書いたメモが、現金五万円と共に例の封筒に入って […]