ホーム | 日系社会ニュース | ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る
助言と共に期待を寄せた
助言と共に期待を寄せた

ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る

 元サッカー日本代表監督のジーコ氏(63)が、リオ五輪に臨む23歳以下の男子日本代表について語った。1日に行なわれたジャパンハウスの会合を終えた後、取材に応じた。
 「今の代表選手についてあまり知らない」というジーコ氏だが、「前回ロンドン大会でベスト4になったし、これまでの成績を考えると良い結果を出すのでは」と注目している。
 B組に同居するナイジェリア、コロンビア、スウェーデンについて「とても強い」との印象を持ち、「事前に似た戦術のチームと試合をすべき。本大会は集中力や精神面の落ち着きが重要になる」と助言。直前には日伯戦(7月30日、ゴイアニア)もあり「良い練習になる」と語った。
 2年前のW杯ブラジル大会では、年齢制限のないフル代表が惨敗を喫した。「試合会場が北東伯だったにも関わらず、涼しいイトゥーを合宿地に選んだ。暑さに慣れず大変だったのでは。8月のマナウスやサルバドールは酷暑ではないが、試合前は会場近くに滞在すべき」とも。
 「五輪のような短期決戦は、一つ一つの試合が決勝に繋がる」とし「日系社会も大きいので、現地から声援を送る人も大勢いる。強い気持ちで試合に臨み、ぜひ良いプレーを見せてほしい」とエールを送った。


□関連コラム□大耳小耳

 リオ五輪に臨む、サッカー日本代表への印象を語ったジーコさん。大会自体に関して「リオはオープンな町。海もあり山もあり自然が豊富。リオに大きな財産を残すと思う」と、生まれ故郷での五輪を楽しみにしている様子。観客にとってはジカ熱など懸念事項もある。「それぞれの自衛も必要だが、政府も無責任なことはしない。ブラジルにジカ(Zica)はない、ジーコ(Zico)がいる!」との冗談を交え太鼓判を推した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館2016年7月6日 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館  【リオ・デ・ジャネイロ共同】8月のリオ五輪で多くの日本人が応援に訪れることを見込み、在リオ・デ・ジャネイロ日本総領事館はこのほど「安全の手引き」を作成した。ブラジルの治安の悪さは世界有数で、期間中に窃盗や強盗被害が出るのは避けられない情勢。同館は日本語訳付きの被害申告書をウェ […]
  • 東西南北2016年8月23日 東西南北  長い準備期間を経て開催されたリオ五輪も、2週間強の競技を終え、遂に終了した。開幕前は、やれラヴァ・ジャットだ、経済危機だ、大統領罷免だと騒がれ、ジカ熱に関しては国内外でも不安を煽る報道がされるなど、落ち着いている暇もなかったが、日程が進むにつれ、意外な競技でのメダル獲得や、お […]
  • リオ五輪は「再生の時」2016年8月23日 リオ五輪は「再生の時」  どうしてこうドラマチックなのか――ブラジルという国の動きの筋書きのことだ。国技サッカーが初金メダルを獲り〃王国〃復活の兆しを見せた五輪によって、国全体に「再生の時」という雰囲気を醸し出す気がする▼大会前は、無事に終わるのかという不安感と、不必要に莫大な資金を投じたことに強く疑 […]
  • 一部競技から支援要請も=聖市で第2回リオ五輪会合2016年6月22日 一部競技から支援要請も=聖市で第2回リオ五輪会合  在聖総領事館や日系団体などで構成されるリオ五輪サンパウロ連絡協議会が8日午後、第2回会合を行なった。リオの治安やジカ熱などの懸念事項について近況報告がなされ、来伯選手団の受け入れや観戦に訪れる邦人保護について話し合われた。 翌日、中前隆博総領事が取材に応じた。同館は来訪者向け […]
  • 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中2016年4月30日 県連会議=50周年式典を8月に前倒し=五輪来伯の河村衆議も出席=舛添都知事らにも交渉中  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「代表者会議」が28日、文協ビル同会議室内で行われ、県連創立50周年記念式典、第19回日本祭りの議題を中心に、熊本地震災害義援金などの報告が行なわれた。50周年記念式典は当初9月18日に予定されていたが、8月7日に前倒しとなった […]