ホーム | 日系社会ニュース | ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る
助言と共に期待を寄せた
助言と共に期待を寄せた

ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る

 元サッカー日本代表監督のジーコ氏(63)が、リオ五輪に臨む23歳以下の男子日本代表について語った。1日に行なわれたジャパンハウスの会合を終えた後、取材に応じた。
 「今の代表選手についてあまり知らない」というジーコ氏だが、「前回ロンドン大会でベスト4になったし、これまでの成績を考えると良い結果を出すのでは」と注目している。
 B組に同居するナイジェリア、コロンビア、スウェーデンについて「とても強い」との印象を持ち、「事前に似た戦術のチームと試合をすべき。本大会は集中力や精神面の落ち着きが重要になる」と助言。直前には日伯戦(7月30日、ゴイアニア)もあり「良い練習になる」と語った。
 2年前のW杯ブラジル大会では、年齢制限のないフル代表が惨敗を喫した。「試合会場が北東伯だったにも関わらず、涼しいイトゥーを合宿地に選んだ。暑さに慣れず大変だったのでは。8月のマナウスやサルバドールは酷暑ではないが、試合前は会場近くに滞在すべき」とも。
 「五輪のような短期決戦は、一つ一つの試合が決勝に繋がる」とし「日系社会も大きいので、現地から声援を送る人も大勢いる。強い気持ちで試合に臨み、ぜひ良いプレーを見せてほしい」とエールを送った。


□関連コラム□大耳小耳

 リオ五輪に臨む、サッカー日本代表への印象を語ったジーコさん。大会自体に関して「リオはオープンな町。海もあり山もあり自然が豊富。リオに大きな財産を残すと思う」と、生まれ故郷での五輪を楽しみにしている様子。観客にとってはジカ熱など懸念事項もある。「それぞれの自衛も必要だが、政府も無責任なことはしない。ブラジルにジカ(Zica)はない、ジーコ(Zico)がいる!」との冗談を交え太鼓判を推した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 選手、観戦者の安全確保へ=サンパウロ市で五輪受け入れ組織始動2016年5月3日 選手、観戦者の安全確保へ=サンパウロ市で五輪受け入れ組織始動  在サンパウロ総領事館が中心となって先月22日午後、リオ五輪サンパウロ連絡協議会が発足した。期間中の来伯邦人受け入れなどについて、各日系団体の代表15人と中前隆博総領事らが話し合った。 3月上旬にはリオで、サンパウロの母体となる官民合同組織が第1回会合を行なった。それを受けた今 […]
  • 今後の見通しを語る梅田大使2015年6月13日 梅田大使=「日系社会の協力不可欠」=皇室の来伯可能性に言及  梅田邦夫駐ブラジル日本国特命全権大使が5日来社し、日伯外交樹立120周年の関連行事や要人往来に関する見通しなどを語った。「まだ正式な段階ではないが、秋篠宮ご夫妻の10月末から11月にかけてのブラジルご訪問を調整しているところです。ジウマ大統領訪日も12月に実現するよう働き […]
  • 進捗状況を話し合うために集まった実行委員会や連邦、州、市当局のメンバー(J.P. Engelbrecht/ PMRJ)2014年8月6日 リオ五輪まで2年切る=イベントの実を残せるか=目標はメダル数10位以内  2016年8月5日に始まるリオ五輪まで2年を切った。競技施設関係の事業では52のプロジェクト中71%が入札終了や着工済みとなったが、全体の事業を見ると完成したものは24%に過ぎず、実の残るイベントとするには今後の取り組みが大切と5日付伯字紙が報じた。 リオ五輪開催まで2年 […]
  • 工事は遅れても太陽光発電採用で電力に不安はないとされるミネイロン(Renato Cobucci/Imprensa-MG)2014年5月8日 W杯開催地で電気工事の遅れ=予定通り終了は3市?=半数ではWi-Fiに不安=リオ五輪の遅れも前代未聞  4月30日の国家電力庁(Aneel)の発表によると、4月10日現在、W杯会場となる12都市での電気工事が完了したのは3都市のみ。半数に遅れが見られ、スタジアムの電力供給に不安が残るところさえあると7日付伯字紙が報じた。  国家電力庁の文書は、11年10月に電力供給会社が […]
  • ガビ・ゴール復活=欧州雌伏を経て、サントスFCで得点王争い2018年9月11日 ガビ・ゴール復活=欧州雌伏を経て、サントスFCで得点王争い  名門サントスFCに戻ってきた愛称〃ガビ・ゴール〃こと、ガブリエル・バルボーザが好調だ。9日に行われたブラジル全国選手権第24節、敵地でのパラナ・クルーベ戦で2得点を決め、リーグ戦通算12得点で得点王争いの単独トップに立った。  ガビ・ゴールは2013年5月に、16歳 […]