ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 アニメ漫画、コスプレ好きな若者が集まるイベント「2016アニメフレンズ」が7月8~10、15~17日に今年も開催される。場所は例年通り、聖市北部サンタナ区のカンポ・デ・マルテ(Avenida Santos Dumont, 2241, Santana)。日本の有名なロックバンドの「サンボマスター」「LM.C」が会場内のステージで演奏するよう。入場料がかかるのに、毎年数万人規模の客が集まる。ブラジル人の若者におけるアニメ人気を確認したい人は、足を運んでみたら。
     ◎
 本紙刊行の本のうち、日本の文化および移民の歴史をポ語で読める以下の3冊組を、特別価格で提供中。『日本文化2(日ポ両語)』、アリアンサ移住地の歴史を書いた『Aliança terra da cooperação(ポ語)』、アマゾン発展に貢献した移民の歴史が分かる『アマゾン(日ポ両語)』。定価は3冊で150レだが、在庫限りの特別限定価格の100レに。子や孫へのプレゼントとして最適。日系書店でも取り扱いを開始し、地方発送も受け付けるようになった。問合せは高野書店、フォノマギ竹内書店、太陽堂の各店まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 大耳小耳2014年7月22日 大耳小耳  七夕祭りで販売された短冊は、色に応じて願いが込められているそうだ。水色は健康、黄色は金運、赤は情熱、ピンクは恋愛、緑は希望、白は平和だ。販売会場で最も早く売り切れたのは水色。ACAL職員によれば、去年最も売れたのは、黄色だったという。短冊の売れ行きにブラジルの世相が反映さ […]
  • 大耳小耳2018年6月29日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ、大城幸雄理事長)が同ピニェイロス文化センター(Rua Deputado Lacerda Franco, […]
  • 大耳小耳2017年4月14日 大耳小耳  桜田医院の桜田ローザ院長の話では、今年ブラジルで予想されているインフルエンザのタイプは、アメリカ、日本でも流行ったA―H3N2型(A香港型)だそう。「お年寄りや子供で症状が重くなりやすい特徴があります。アメリカでは65歳以上の高齢者と妊婦さんが多く死亡したので、気をつけましょ […]
  • 大耳小耳2016年9月22日 大耳小耳  サッカーブラジル代表のネイマールが先週、自身の公式ツイッターで話題となっている「金メダルヘア(髪型)」の写真を投稿した。隣にはスペインリーグ・バルセロナの同僚で、同じく金髪のリオネル・メッシ、コメントには「Saiyajin(サイヤ人)」の文字が。漫画ドラゴンボールで、金髪姿に […]