ホーム | 日系社会ニュース | 県連50周年、聖州議会で盛大に=日伯議連幹事長 河村建夫衆議迎え=「慰霊碑建設は後世に残る偉業」
式典を盛大に祝う関係者
式典を盛大に祝う関係者

県連50周年、聖州議会で盛大に=日伯議連幹事長 河村建夫衆議迎え=「慰霊碑建設は後世に残る偉業」

 ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)は聖州議会内講堂で7日、『創立50周年記念式典』を開催した。リオ五輪開会式に日本政府代表として出席するため来伯した河村建夫衆院議員(日伯国会議員連盟幹事長、中南米日系人支援議員連盟会長)を招待するため、当初計画より前倒しで行われた同式典であったが、延べ230人を超える県人会関係者らが集まり、半世紀を盛大に祝した。

記念品を手に喜びを見せる河村議員夫妻

記念品を手に喜びを見せる河村議員夫妻


 式典には、河村議員、隆子夫人をはじめ、中前隆博在聖総領事、小山シルビオ軍事司法裁判所長官、日系団体各代表者らが参席し、同議会での式典開催に尽力した羽藤譲二、西本エリオ両聖州議が司会進行を務めた。意気揚々と日伯両国歌が斉唱された後、先没者と広島と長崎の原爆犠牲者への黙祷が捧げられた。
 山田会長は挨拶で「海外最大の日本祭りを開催するまでに成長した」経緯を振り返り、開拓先没者慰霊碑の管理の重要性を挙げ、「先没者の無縁仏を祀るのみならず、日系社会の心の拠り所になった」と県連が維持管理していく意義と意気込みを語った。さらに「各県人会によって活動に大きな差がある。後継者を育成して活性化を図らなければ」と訴え、「先人の後を引き継ぎ、更なる発展のために努力したい」と気を引き締めた。
 河村議員は「リオ五輪の開会式に参加し、心に残る感動的な式典だった」と感想をのべ、家族会会長の故田中龍夫議員から「ブラジルのことをしっかり頼む」と遺志を託され地盤を引き継ぎ、県連との深い関係を築いてきた歴史を振り返った。さらに、慰霊碑建設は後世に残る最も大切な県連の偉業と評価し、「今まで維持管理していることは先没者への深い敬意の表れ、両国にとって大変重要」と語った。
 座右の銘という吉田松陰の「至誠通天」を引用し、「さらなる百周年に向けて一丸となり、次世代を担う若者を育て、両国の友好親善を深め、ますますの発展を期待したい」との言葉を送った。
 中前在聖総領事、羽藤ジョルジ市議会議員、飯星ワルテル連邦下議(補)、呉屋春美文協会長などから祝辞が相次ぎ、世耕弘成元内閣官房副長官からの祝電が代読された後、積年の功績を労い、関係者の間で表彰が行なわれた。
 式典後は同議会内記念ホールで盛大な祝賀会が催され、ケーキカットに続き、鏡開きが行なわれ、会場は祝福ムード一色に。三味線と太鼓の優美な音色がホールに響き渡るなか、関係者は懇親を深めた。
 河村衆議は「記念すべき50周年を一緒に迎えられて大変光栄」と満足した表情で語り、県連から送られた記念品を手に「日伯交流のために命を捧げた田中龍夫先生の御仏前に捧げたい」と語った。隆子夫人も「日本文化が根づき継承されていることに感動した」と喜びの表情を浮かべた。
 最後は全員で「故郷」を合唱。先人の遺徳を偲び、次の百周年に向けて思いを新たにした。

image_print

こちらの記事もどうぞ