ホーム | 日系社会ニュース | 日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」

日系ブラジル人メダル連発=同胞の「誇り」

銅メダルを手にするオヤカワ(左)。右は銀のジェイゴ(Francisco Medeiros/ME)

銅メダルを手にするオヤカワ(左)。右は銀のジェイゴ(Francisco Medeiros/ME)

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪で日系ブラジル人選手2人が14~15日、相次いで銅メダルを手にした。ブラジルが獲得したメダルは16日までに計10個。日系人選手の活躍は自国開催で意気込むブラジル代表チームに勢いを与えており、日系社会からは「誇りだ」と喜びの声が上がっている。
 体操の男子種目別床運動では14日、日系3世アルトゥール・オヤカワ・マリアーノ選手(22)が銅メダル。日本名は「ノリ」。10歳で体操を始め、内村航平選手が「自分にとってのヒーロー」。14日はその憧れの存在を上回る成績でメダルを手にした。東京五輪出場にも意欲を見せる。
 「このメダルのために頑張った」。15日、水泳のオープンウオーター女子10キロで銅メダルのポリアナ・オキモト選手(33)はテレビカメラを前に涙を隠そうとしなかった。日系4世。2歳で水泳を始め、遠泳に転向してから頭角を現した。

メダル会見に臨むオキモト(Francisco Medeiros/ME)

メダル会見に臨むオキモト(Francisco Medeiros/ME)

 ブラジルの日系人は160万人とも190万人とも言われる。2人とも、その大部分が住むサンパウロ州の出身だ。
 ブラジル日本都道府県人会連合会の山田康夫会長(65)は「とにかくうれしい。活躍はブラジル日系社会の誇り。これで一層、日系社会も盛り上がる」と喜ぶ。
 リオデジャネイロ州日伯文化体育連盟の鹿田明義理事長(80)は、これまでにも日系人がメダルを取ったことはあるとしつつも「地元での五輪でメダルを取るのは特別。ブラジルの一員としてブラジルに貢献しているのは素晴らしい」とたたえた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年2003年12月27日 コロニア10大ニュース=節目の行事重なる=明るい材料も多い年 12月27日(土) […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]