ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 ブラジルでも人気を博している『ポケモンGO』。今月3日に解禁されてから、東洋街でもスマートフォンを片手に道端で立ち止まりモンスターを捕まえたり、夜遅くまでうろうろしている若者の姿も。今週末開かれたポルト・アレグレ日本祭りでは7万人近い来場者がアニメに熱中し、近郊のカショエリーニャ市でも同日にアニメイベントが開催された。五輪閉会式でマリオ(人気ゲームのキャラクター)になって登場した安倍首相に、「なぜ五輪を政治利用するのか?」と訝る日本人も多い半面、あれに熱狂したブラジル人もけっこういたとか反応は様々。テーメル大統領代行のように五輪開会式でブーイングをされないように東京五輪時の首相は要注意か?
     ◎
 アルゼンチンに在住する元TBSアナウンサーの竹内香苗さんが、NHKのラジオ深夜便で「亜国から見たリオ五輪」について語るよう。元サンパウロ市在住で、サンパウロ移民史料館の音声ガイドの吹き込みをボランティアで務めてくれたことも記憶に新しい。彼女が日本時間水曜深夜の放送を前に、公式ツィッターで伝えている。当地で聞けないのは残念だが、亜国代表も柔道女子48キロ級金のパレト、テニス男子銀のデルポトロなど目立つ活躍があった。亜国が目指すは南米大陸二つ目の開催国?

image_print

こちらの記事もどうぞ