ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 早いもので、全国市長選も明日2日が投票日となってしまった。今年の地方選は例年と違い、リオ五輪があったり、ジウマ前大統領やエドゥアルド・クーニャ前下院議長の罷免があったり、現在もラヴァ・ジャット作戦が進行していたりと、選挙以上に話題になりやすいことが立て続けて起きたために、キャンペーン期間が通常よりかなり短めに感じられたのではないだろうか。そんなこともあり、誰に投票するかをゆっくり考える時間さえ持てないままの人が多いかもしれない。判断基準となるのは、この4年間の市政とここ数年の社会と国政をどう受け止めるかではないだろうか。その意味では、全国的に結果が気になるところ。
     ◎
 2日が地方選の投票日ということもあり、(毎回そうなっているが)当日は日曜日なのに、サッカーの全国選手権の試合は開催されない。今回は8試合が今日土曜日に行われ、月曜日にも2試合が行われる。また、サッカー以外の催し物も通常の週末よりはだいぶ少ないため、行楽的には退屈に感じる人も少なくないかもしれない。ただ、そういうときだからこそ、これからのブラジルについて静かに考えてみるのもいいかもしれない。
     ◎
 最近は以前に比べて報じられる機会が減っているが、大サンパウロ都市圏では9月の月間降水量はどの水系も平均を下回る低調ぶりだった。ただ、今年の秋~冬は、5~6月の大雨の影響もあり、カンタレイラ水系の水位も半年前の3月末のレベルよりむしろ上がっている。選挙が終わった翌日から数日間は曇りや雨との予報だが、誰にとっての涙雨となるか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2015年12月30日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦をはじめ、連日が激動のニュースだった2015年ももうすぐ終わりを迎える。ペトロブラスの大打撃にインフレ、ドル高、さらには自身の罷免まで問われたジウマ大統領にとっては悪夢のような1年だったと言っても良いかもしれない。27日付フォーリャ紙は「公約のうち守れたの […]
  • 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる2016年1月5日 新年占う編集部座談会2=ざっくばらんに行こう!《ブラジル社会編》=〃泥〃まみれの一年振りかえる レヴィ辞任の意味するもの=3月からデモどうなる?=リオ五輪は本当に大丈夫か=「中国の成長率が下がるとサマルコのダムが決壊する」深沢正雪(編集長)=いやあ、2015年は凄い年だったね。ちょっと近年まれに見る大変動、ハラハラドキドキの年だった。 京都の清水寺が毎年12月、その一年を […]
  • 東西南北2016年6月1日 東西南北  5月30日から31日朝にかけて降った雨の影響で、月末に入ってサンパウロ州の降水が追い込みを見せた。カンタレイラ水系にはこの1日で約9ミリの雨が降り、100ミリ直前まで迫る97ミリの月間降水量を記録。11年ぶりの3桁台にこそ乗らなかったものの、それでもこの10年では最も雨の降っ […]
  • 東西南北2014年9月23日 東西南北  22日午後11時29分をもって、ブラジルは春に突入した。ということは、これから通常なら雨季に入ることも意味し、サンパウロ州民にとっては神頼みで雨を期待したいところだ。だが、現状ではなかなか厳しいものがある。カンタレイラ水系の水位は22日発表の時点で5月15日に未開の水域を […]
  • 東西南北2016年12月23日 東西南北  ルーラ元ブラジル大統領は21日、建設オデブレヒト社が贈賄代わりにルーラ研究所の土地を購入したと汚職捜査ラヴァ・ジャット作戦で報奨付供述を行ったとする報道を受け、ルーラ研究所の名前で「遂にラヴァ・ジャットもカフカやマイノリティ・レポートの次元にまで来た」との見解を表明した。文学 […]