ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市市長選で圧勝して以来、ジョアン・ドリア氏の顔をテレビや新聞、雑誌で見ない日がない。現職のフェルナンド・ハダジ市長とは、ガラッと政治的な方向性が変わることが予想される。気になるのは「自転車道」の今後だ。自転車道と言えば、支持率の低かったハダジ政権の4年の中で、最も市民の印象に残ったもの。ドリア氏は「利用者の多いところはそのままにするが、利用していないところは廃止もありえる」との見解を示す。中央分離帯にある自転車道に関しては廃止したい意向だ。こうして市長が変わるたびに、街の風景もまた変わって行く…。
     ◎
 サンパウロ市南部で3日、7時間の時間差で、車を運転していた男性が、自動車強盗に1人ずつ殺害される事件が起きた。1人はカンポ・ベロのインテルラゴス大通りで、もうひとりは、そこから1キロも離れていないカンポ・リンポのフレイ・シスト・タウベール。いずれも車内で携帯電話で話している間に、赤い車に乗った2人組の強盗に撃たれたという。1人目の被害者は母親との電話中で「たった今、胸を撃たれた。助けてくれ」と言い残して息絶えたという。あまりに悲しい生中継を聞かされた母の気持ちや、いかに。
     ◎
 本日6日、北大河州ナタウで、サッカーのW杯南米予選で、セレソンはボリビア代表と試合を行なう。前2節を快勝で飾ったセレソンだが、今日の試合は故障者が出たこともあり、9月とは先発メンバーが4人入れ替わった布陣で戦うことになる。試合の模様は午後9時からグローボTV局で中継される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • 東西南北2018年9月6日 東西南北  本面で報じているように、大統領選の注目人物のアウキミン氏やハダジ氏がサンパウロ州検察局に起訴され、ボルソナロ氏も「汚職撲滅」のイメージに響きかねない報道があるなど、様々なことがあった。大統領選にドラマ性を求める向きには面白い展開といえるが、起訴する気なら、政見放送で選挙戦が本 […]
  • 東西南北2017年12月16日 東西南北  サンパウロ市~パラナ州クリチーバ間をつなぐ高速道として知られるレジス・ビッテンコート高速道の最後の複線化工事が終了し、来週にも正式に使用される見通しだという。この高速道はかねてから交通事故による死者が多い道路として知られていたが、このたび、349キロ~353キロ、356キロ~ […]
  • 東西南北2016年9月28日 東西南北  ここ数週間、ラヴァ・ジャット作戦で大きなダメージ負っているルーラ元大統領。起死回生のためには全国市長選でのPT勢の巻き返しが欲しいところだが、現状はかなり苦しい。世論調査では、サンパウロ市のハダジPT候補が4位、リオでルーラ氏が積極支援する連立与党のブラジル共産党候補ジャンジ […]
  • 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会2010年1月1日 評価シンポ=百周年を振り返る=なぜあれほど報道されたか?=ブラジルマスコミが見る日系社会 ニッケイ新聞 2010年1月1日付け  なぜ08年のブラジル日本移民百周年ではブラジルマスコミから、誰もが予想しなかったほど大々的に扱われたのか。その疑問に答えるべく、百周年協会(上原幸啓理事長)と日伯社会文化統合機関(中矢レナット理事長)の共催により百周年評価シンポが、 […]