ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(23)

道のない道=村上尚子=(23)

 こちらも先の見通しは真っ暗であったが、今とりあえず間作で、ほそぼそとでも食べて行ける。彼が哀れで、せめてジープだけでも持って逃げられて良かったと、私は思った。しかしジョンソンが倒産した以上、この地もいずれ追い払われるだろう。

 ともかく生活は続けていた。
 ある日のこと、父が豚を殺した。脂身を保存用の油にするのは、私の役目である。脂肪分をこま切れにし、鍋の中でころがすと油とカスに別れる。これが完全に油だけになった途端、鍋に火が入った!
 熱くまぶしいものが、私の顔を包んだ。顔は大したことはなかったが、眉毛がチリチリに焦げた。
「もう生えないのだろうか」と思うほどに。
 私は思い切って両方とも剃り落として、つるつるにした。こうすれば、きっと新しく生えるだろうと考えてのことだ。

 そんなある日のことである。訪ねてきたこともない青年が、向こうに見えているあの家からやって来た。私より少し年上に見える。こざっぱりした、普段着にしては、いくらか改まった装いだ。中肉中背の、あまり冴えない顔をしている。人相学者に言わせると、何と言うだろうか。私の見立てでは、人間的に軽い男で、といって派手な悪いことは出来ない。一生、うだつは上がらない、たまに癇癪を起こす、と観た。
 明らかに、私を意識しての訪問、父母が上手に彼の話し相手になっていた。そこへ、私はお茶を出しに現われ、青年はその眉のない私の顔を見て「ぷっ!」と吹き出した。あのかしこまっていた男が。その後、二度と彼はこの家に現われなかった。
 この辺りの日本人は、限られた日本人の中から、将来の伴侶を見つけなければならない。ここの移民たちにとっては、深刻で大きな課題であったのだ。

 不思議なもので、あれほど地獄だった家庭に戻ってみると、何か我が家へ帰ってきたという気持ちになっていた。父も大人しくなってきているせいかも知れない。
 そんなある晩、妹の町枝と、家から二百メートル先の、風呂を浴びに外へ出た。こうして肩を寄せて、身内と歩くのは久しぶりである。二人でお喋りしながら、私が先に湯に浸かった。湯から上がろうとした時、すぐ横に迫っている原始林から音がした。このしんと静まり返っている空間には、異様な音である。二人の会話は、ハタと止まった。
 わざわざこんな林の中に人が入るには、この道筋まであまりにも見通しが利く。こんなさい果てまで人がやって来て、夜まで身を潜めていることは考えられない。声を殺して、すばやく町枝が入れ代わり、湯に入った。私は妹の履物を逃げる方向に向けて揃えた。町枝も私も、極度に緊張している。
 その時、又、ミシッ、ミシッと、地面を踏みしだく音が近づいてきた。数歩近づいては止まっている。
 はっきりしているのは、人間ではないということだ。踏みしだくその音が、とても人の体には及ばない重力の響きである。ところが二本足で歩いてくる足音なのだ……
 ずっと以前、話に聞いたことがある。アンタという牛のように巨大な動物が、この原始林に住んでいる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第79話2020年11月24日 中島宏著『クリスト・レイ』第79話  この植民地は、プロミッソンの駅から四キロ辺りの地点から始まり、ボン・スセッソ、ゴンザーガ、ビリグイジーニョの地区にまたがる、約一千四百アルケール(約三千四百ヘクタール)の土地であった。その大半が高地に位置し、平野植民地のような湿地帯はなかった。ゴンザーガ地区には部分的に低地が […]
  • 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に2020年11月21日 《ブラジル》ボルソナロ=いつバイデン当選を承認か=世界から取り残され、政権内でも孤立化=再集計逆転の期待は絶望的に  米国大統領選でジョー・バイデン氏が当選確実と言われ始めてから2週間になるが、ボルソナロ大統領は世界でも数少なくなった「承認を行っていない大統領」として注目されている。当初、ボルソナロ側近が主張していた「トランプ大統領の求める複数の州の再集計」による大逆転の可能性がほぼ […]
  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏2020年11月11日 JETROサンパウロ所長交代=大久保所長帰国、後任は原氏  「5年間本当にお世話になりました」││JETROサンパウロ事務所所長を5年間勤めた大久保敦氏(群馬県・56歳)は10月23日のオンライン取材でそう語った。  経済産業省が所管する独立行政法人・日本貿易振興機構(JETRO)サンパウロ事務所では、5年間所長を勤めた大久 […]