ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(25)

道のない道=村上尚子=(25)

 ブラジルに景気が出てくると『クルゼイロ』、パラグアイなら『グアラニー』というお金を、商人たちは欲しがる。この町からブラジルへ、移民たちは脱出することになる。彼らは、所帯道具を担いで逃げて行く。
 するとパラグアイの兵隊は、見ぬふりをしてブラジル側の兵隊へ通報しておく。その家族が汽車に乗って、ブラジルの領土に入ったとたん、密入国者として捕え(汽車の中で)、日本人の持っている所帯道具から、現金、針の一本まで取り上げ、裸にして、パラグアイへ追い返すのだという。
 その勝利品は、パラグアイの兵隊と山分けするのである。幸運にも私たちは、ブラジルへ入国できた。面白いことに、父はその兵隊たちより、ブラジルの領事館を恐れたという(捕まると思ったらしい)。後で分かったが、領事館という所は、そういう困った移民を保護するところだと知った。

 イビウーナに着いた。ここの大農家、寒野さん宅で旅装をといた。みな良さそうな人たちであった。
 私たちは、このイビウーナから数キロ奥のサルトという所に入植した。パトロンとの契約は「メイヤ(半々)」という条件である。この「メイヤ」とは、農業にかかる費用一切を、パトロンが払い、収穫物の売り上げから、その経費を差し引くのだ。そして残額を折半する。このシステムは、私たちのように裸同然の家族にとり、安心できた。後になって、この「メイヤ」というのは、奴隷制度のひとつだと耳にした。
 なるほど働いても働いても、金はひとつも残らないように出来てはいたが。
 しかし、あのパラグアイでの生活を思えば、感謝こそすれ、家族の誰一人、不満のあろうはずもなかった。
 この地域は、起伏の多い地形である。すぐ隣にも日本人が入っている。向かいも日系人の若夫婦が住んでいる。左端には、独身の青年が一人で住んでいる(コチア青年として来て、独立している者らしい)。それぞれ数百メートルしか離れていない。私たちの家屋も入れて、どの家もパラグアイにいた時のものと大差ない。
 水は十分過ぎるほどある。家のすぐ横へ迫っている森から流れてきている。父は、工夫して太目の竹を割って、数本繋ぎ合わせた。樋の代わりにするのだ。家のすぐ側に流し台を作り、そこへ樋を引いた。炊事は室内と外とで上手にこなせる。
 風呂へも樋を引いた。ただ、この水は、初めての人が飲むと、下痢をするのだそうだ。私たちも猛烈な下痢をした。けれども、一日の勝負で、後は皆、ケロリとした。その洗礼を受けた後は、誰も何ごともなくなった。
 美味しい水だ。この流れを利用して、父は小さな池も拵えた。我が家も一応、落ち着いたある昼時、
「ひいーっ!」
 と、ひろ子の叫び声がした。私は風呂場で、水を浴びている最中であった。このただならない声に、裸で飛び出した。すると、池の側で、ひろ子が家を背に立っている。そのまん前に、緑鮮やかな蛇がいる。蛇と、ひろ子の間は五十センチもない。そこで鎌首をもたげ、ひろ子を睨みつけていた。
「私は今、裸になっているのだ」ということが、ちらりと脳裡をかすめた。が、行動に出た! 
 タオルを体に当てて、ひろ子と蛇のいるすぐ横の土手から、そろりと降りた。その巾五十センチくらいの中へ割って入ったのだ。蛇に目を逸らせてはいけないことを知っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む2019年1月8日 コパ・アメリカに日本出場=「日系移民の日」直前にブラジル戦の可能性も=ブラジル代表チッチ監督、留任かけ本気で挑む 100年以上の歴史を持つコパ・アメリカ  6月14日から7月7日にかけて、ブラジル各地を舞台にサッカー南米選手権(コパ・アメリカ)が開催される。昨年5月、南米サッカー連盟(Conmebol、以下「南米連盟」)は「2019年のコパ・アメリカには、日本とカタールが招待され […]
  • 《サッカー・リベルタ杯》決勝戦の開催を巡り紛糾=クラブW杯までに決まるか南米王者?2018年11月29日 《サッカー・リベルタ杯》決勝戦の開催を巡り紛糾=クラブW杯までに決まるか南米王者?  サッカーのクラブチーム南米大陸王者を決めるリベルタドーレス杯決勝が、開催地や開催日時、実際に行われるかどうかさえも正式決定できないという異例の事態になっていると、25~28日付ブラジル紙・サイトが報じている。  決勝はアルゼンチンの名門チーム、リーベル・プレート(リ […]
  • オイスカ、クーニャで植樹=総領事、コチア青年らも協力2018年11月29日 オイスカ、クーニャで植樹=総領事、コチア青年らも協力  NGO「オイスカインターナショナル」(中野良子総裁)とオイスカ・ブラジル総局(高木ラウル会長)が17、18日の2日間、サンパウロ州クーニャ市で植樹を行った。同団体の渡邉忠副総裁、中野総裁代理の大橋美智子さんのほか、17日は野口泰在聖総領事、コチア青年連絡協議会、亜国、 […]
  • リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験2018年8月8日 リベルタドーレス杯=7日から決勝トーナメント=16チーム中、13チームが優勝を経験 南米一のクラブを決めるリベルタドーレス杯が、W杯に伴う中断期間後、約1カ月半振りに再開した。7日から始まったのは、グループリーグを勝ち残った16チームによる決勝トーナメントだ。今年は例年以上に強豪揃いとなっている。  16強の顔ぶれの豪華さは、現在残っている16チーム […]
  • 東西南北2018年8月3日 東西南北  サンパウロ州教育局が発表したデータによると、州立校で教師に対する暴力事件が増えており、今年の1月から5月の統計では214件発生している。15年同期が92件、16年同期が96件、昨年同期は74件で前年より少し減ったが、こういった数字を考えてもかなりの伸びだ。しかも、今年の場合、 […]