ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 沖縄県人会・うりずん会主催の「第2回国際フォーラム」では、講演のほかに三線や琉球祭太鼓などの演芸の発表もある。「後世の若者らが伝統芸能をどう受け継いでいるのか」を紹介するのが目的とか。先日開催された「第6回世界ウチナーンチュ大会」の三線一斉演奏に参加した吉村尊雄三線・胡弓研究所の吉村さんも演奏する。また、琉球紅型の着物なども展示されるそう。沖縄県系人の文化継承発表会のようだ。若者への文化継承に悩む県人会は多い。何か参考になることがないか、沖縄県系人の活動を見に出かけてみては?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年2月28日 大耳小耳  一般財団法人・日伯協会(三野哲治理事長)が発行する会報『ブラジル』第986号が1月に発行された。中でも「ナショナリズムの表徴としてのカシャッサ」(田所清克京都外語大名誉教授)には感服。いわく《辞書や書物に当たると、実に700以上ものカシャサの同義語があることに驚かされる》とあ […]
  • 大耳小耳2020年2月19日 大耳小耳  ぶらじる川柳社の柳誌『ぶらじる川柳』第224号が2月に刊行された。《ちょろちょろと賢く生きて世話かけず》(久保久子)は子年らしい心構えか。《核あれど市民の腹に飯はなし》(鈴木甘雨)は北朝鮮の厳しい市民生活を詠ったもの。《めがね手にめがねどこじゃといんきょ様》(那須アリセ)。《 […]
  • 大耳小耳2020年2月18日 大耳小耳  日毎叢書企画出版の『楽書倶楽部』第512号が2月に刊行された。沼田信一著『信ちゃんの昔話』の転載が始まった。「ファゼンダ・コチアー」とタイトルにあるので、産業組合の話かと思ったら、北パラナのカフェ耕地の名前。平日はカフェの仕事をし、日曜日は自分の畑を作るという、休みのない開拓 […]
  • 大耳小耳2020年2月11日 大耳小耳      ◎  インターネットの動画配信サイト・ユーチューブに、自分が撮影した動画を配信してアクセスを集めて収入を得る職業を「ユーチューバー」という。共同通信の記事によれば、日本人ユーチューバーがリオのファベーラに潜入して、ギャングなどの麻薬販売グループとおぼしき男性と一緒に […]