ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(40)

道のない道=村上尚子=(40)

 一郎の辛さは良く分かる。でも、今私たちは、そんなことを言っている場合でないことも彼は知っているのだ。その葛藤に負けてしまった一郎……
 ところで、その後、酔っ払いにしては、気違いじみてきた。ある日、ずっしりと重い鍵の束を私に見せた。
「この鍵は、今盗んできた。これで銀行に入る(盗みに)けに、人に言うなよ!」
 私は、ただただぽかーんとした。と思うと、雨の日の真夜中、
「このヤロウ! このヤロウ!」と言って、隣の垣根に向かい、レンガを投げつけている姿は、不気味でさえある。
 それから十日後、一郎は包丁を振り回し出した。子供たちと室に飛びこんで、内から鍵をかけた。すると一郎は外から、火薬の粉が入ったビンを手に、
「バカやなあー出らんなら、この火薬に火をつけるぜよ」
 と、のどかな声を出したかと思うと、マッチをする音がするではないか!
「キャーッ!」 と云って再び室から飛び出した。

 ある昼時、どこから一郎のことを聞いたか、仲人がやって来た。そして、この成松さんが
「もう別れなさい」
 と深刻な表情で話して帰って行った。それでも数ヶ月、過ぎていった。そんな時、今度は、信がひろ子へ性的ないたずらを始めた。これには私も衝撃を受けた。
「ああ……この家はもう……」
 私は離婚を一郎に迫った。すると彼は、たいして顔にも出さず、
「子供はオレたちの子が二人やけに、一人づつ分けよう。里子はオレが取るぜよ。いやなら別れん」
 という。これも又、ショックであった。まさか一人取ると言うとは思ってもいなかった。里子は、みんなに好かれた子で、私も可愛がっていた。それを知っている一郎は、里子を人質に取り上げれば、私は別れることは出来ないだろう、との作戦に出たのだ。
「ひろ子を救うためには、里子を捨てよう」
 と、苦しいというような言葉では、言い表わせない決断を下した。次の日、僅かな荷物をまとめて、そこを出た。
 ひろ子と琴子を連れて……
「この家は、私が出たら、どうやって食べて行くのだろう……」
 私は貯めていたへそくりを全て、目につく所へ置いて去った(数日生きられる分のお金だけを持って)。出て行く前、あどけない顔をして昼寝をしている里子の髪を、ハサミでひとつまみだけ切り取り、ハンカチに包んだ…… 

     花  柳   界   へ

 この頃、父母たちも、農業を諦め、サンパウロに住んでいた。
 ほそぼそと縫い物の請け負いを、家族みんなでやっていた。平屋を借りて、一室を仕事場にあてていて、狭い廊下まで利用し、冷蔵庫を据えてある。仕事部屋の中には、裁断された布や、工業用の大きな巻き糸などが山積みされて、その中へ埋まるような姿で、全員が内職をやっている。皆、希望のないむっつりとした顔である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • JICA=「どんな最期を迎えたいか?」=超高齢化社会日本の在宅医療=日系社会にオンライン指南2020年10月24日 JICA=「どんな最期を迎えたいか?」=超高齢化社会日本の在宅医療=日系社会にオンライン指南  「しっかりと死に向き合った上で、本人がどの様な最期を迎えたいと思っているかを考えるのが重要です」――医療法人ゆうの森理事長で、当日の講師を務めた永井康徳医師は、在宅医療において重要な点をそう説明した。ブラジル時間の19日(月)20時、高齢化が進む日系社会に対し、独立行 […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<4>2020年10月24日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=フィリピン編<4> 日本のイメージは働く場所  「リベルダーデ地区に日系コミュニティーがあることも知っていました。でも、まだ私はブラジルで日本人や日系コミュニティーと接触したことはありません」と、南国フィリピンのイメージ通りの陽気さで、満面の笑みを浮かべて話すのはジェニファー・ガブアット […]
  • ■訃報■ 安永忠邦さん2020年10月24日 ■訃報■ 安永忠邦さん  “移民の父”上塚周平を知る最期の生き証人、安永忠邦さん(二世)が23日12時に聖州プロミッソン市の自宅で老衰のために亡くなった。「上塚植民地」と言われた当時に、プロミッソンの自宅農園で生まれ育ち、そこで99歳の生涯を全うした。  戦時中に枢軸国移民が「敵性国民」と弾圧される […]
  • 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada2020年10月24日 上皇ご夫妻も食されたフェイジョアーダの名店=Bolinha – A Casa da Feijoada  「朝の10時頃、突然予約の電話がかかってきてね。上皇ご夫妻は警察車両の先導でお越しになられたんだ。たくさんの警備が店のまわりを囲んでね、ご夫妻は10人くらいの日本人、日系人の方々とフェイジョアーダを召し上がられていったよ。感想を聞きたかったけど、そんな隙無くてね。満足 […]
  • 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行2020年10月23日 英ワクチン=ブラジル人治験者死亡で波紋=偽薬接種組と判明、続行  21日、リオ市で新型コロナウイルスに対するワクチンの治験に参加したブラジル人ボランティアが死亡したとの報道が流れて、一時波紋が広がった。その後、亡くなった人は偽薬を接種されていたと報道され、治験は続行されている。この臨床試験(治験)は、ワクチン接種組と偽薬接種組の効果 […]