ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(40)

道のない道=村上尚子=(40)

 一郎の辛さは良く分かる。でも、今私たちは、そんなことを言っている場合でないことも彼は知っているのだ。その葛藤に負けてしまった一郎……
 ところで、その後、酔っ払いにしては、気違いじみてきた。ある日、ずっしりと重い鍵の束を私に見せた。
「この鍵は、今盗んできた。これで銀行に入る(盗みに)けに、人に言うなよ!」
 私は、ただただぽかーんとした。と思うと、雨の日の真夜中、
「このヤロウ! このヤロウ!」と言って、隣の垣根に向かい、レンガを投げつけている姿は、不気味でさえある。
 それから十日後、一郎は包丁を振り回し出した。子供たちと室に飛びこんで、内から鍵をかけた。すると一郎は外から、火薬の粉が入ったビンを手に、
「バカやなあー出らんなら、この火薬に火をつけるぜよ」
 と、のどかな声を出したかと思うと、マッチをする音がするではないか!
「キャーッ!」 と云って再び室から飛び出した。

 ある昼時、どこから一郎のことを聞いたか、仲人がやって来た。そして、この成松さんが
「もう別れなさい」
 と深刻な表情で話して帰って行った。それでも数ヶ月、過ぎていった。そんな時、今度は、信がひろ子へ性的ないたずらを始めた。これには私も衝撃を受けた。
「ああ……この家はもう……」
 私は離婚を一郎に迫った。すると彼は、たいして顔にも出さず、
「子供はオレたちの子が二人やけに、一人づつ分けよう。里子はオレが取るぜよ。いやなら別れん」
 という。これも又、ショックであった。まさか一人取ると言うとは思ってもいなかった。里子は、みんなに好かれた子で、私も可愛がっていた。それを知っている一郎は、里子を人質に取り上げれば、私は別れることは出来ないだろう、との作戦に出たのだ。
「ひろ子を救うためには、里子を捨てよう」
 と、苦しいというような言葉では、言い表わせない決断を下した。次の日、僅かな荷物をまとめて、そこを出た。
 ひろ子と琴子を連れて……
「この家は、私が出たら、どうやって食べて行くのだろう……」
 私は貯めていたへそくりを全て、目につく所へ置いて去った(数日生きられる分のお金だけを持って)。出て行く前、あどけない顔をして昼寝をしている里子の髪を、ハサミでひとつまみだけ切り取り、ハンカチに包んだ…… 

     花  柳   界   へ

 この頃、父母たちも、農業を諦め、サンパウロに住んでいた。
 ほそぼそと縫い物の請け負いを、家族みんなでやっていた。平屋を借りて、一室を仕事場にあてていて、狭い廊下まで利用し、冷蔵庫を据えてある。仕事部屋の中には、裁断された布や、工業用の大きな巻き糸などが山積みされて、その中へ埋まるような姿で、全員が内職をやっている。皆、希望のないむっつりとした顔である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(69)2017年1月21日 道のない道=村上尚子=(69)  町枝に対する返事のとき私が強調したことは、私がいかに亭主関白で、タツヨに対して、良い夫でなかったとしても、タツヨの立場に立って私を責めることはない、何かお前は忘れていることはないか。それはタツヨは、お前たちの母親である以前に、私の妻であるということ。 […]
  • 道のない道=村上尚子=(62)2017年1月11日 道のない道=村上尚子=(62)  そのうち生活は、いよいよ貧しくなり、水代も惜しくなってきた。私はあの食堂の資金を貸したA子を思い出した。今はバイア州で成功しているという噂を聞いている。「借金を返してほしい」と伝えてみた。彼女なら、すぐに返済してくれるはずだと、軽く考えていた。ところが、 「そんな人だとは、 […]
  • 道のない道=村上尚子=(64)2017年1月13日 道のない道=村上尚子=(64)  どうやら、この寺の家族は、私を友行の嫁として、受け止めているらしい……困ったことになった。  寺では、父親が亡くなり、弟が継いでいて、かわいらしい息子と嫁もいる。母親は、一応この寺では、私の義母ということになったので、私は彼女を「お母さん」と呼んだ。痩せた小柄な人で、温かみ […]
  • 道のない道=村上尚子=(55)2016年12月21日 道のない道=村上尚子=(55) 「『円苔』は、早く閉めます。この店ではありません」  と言うと、聞く耳持たずの顔。こんな狭い呑み屋に、一人の陰気な客が「でんっ」と場所を取り、皆を刺すように見ている。客たちは、この場違いそうな女を見て、事情は大体察しはついているらしい。まるで自分たちが叱られている子供のように […]
  • 道のない道=村上尚子=(59)2017年1月4日 道のない道=村上尚子=(59)  そうこうする内、上司のUさんや、あと二、三名が碁を打つことも分かった。私も初心者ではあったが、Oさんと丁度良い相手となり、楽しい。上司は友行と打ち、たまに私が声援をUさんへ送ったりした。この大広間は遊び場になった。  ある時など、S君に日本からの手紙が届くと、みんながいたず […]