fbpx
ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(41)

道のない道=村上尚子=(41)

 私は、この家にやって来て、とうとう一郎と別れたことを告げた。その時私は、サンパウロにある料亭「花園」というところで、働こうと思っていることを、父母に打ち明けた。
 わけを聞いた父は、子どもたちを集めて、家族会議を開いた。
「尚子は、料亭で働くと言っている。二人の子供を養うにはオレは賛成である。皆はどう思うか」
「お姉さんが、そうしたいなら僕たちはいいよ」
 全員の許しが出た。というより、皆、どうして良いか、分からないようだ。この日も父の発言に力があった。
「子供は、置いていきなはい」
 と母が言ってくれた。心からありがたかった。

 「花園」は、トレーゼ・デ・マイオ通りにある。広い敷地の中に、二階建ての家と、別棟の平屋が二軒で全部である。表通りに面した二階建てを料亭にして、裏の一軒は住み込みの使用人、もう一軒にマダムが住んでいる。私は、この堂々とした表玄関に入って行った。パラグアイで知り合っていた女性、ひろみちゃんに話をつけて貰っていた。ひろみちゃんもこの料亭では古株で、それとなく貫禄を備えている。着物姿のマダムが出てきた。
 小柄で賢そうな人である。私へ優しく二、三質問をして、簡単に受け入れてくれた。質問の一つに「年はいくつですか」と云われた時、慌てて頭の中で計算をした。今まで年のことも忘れて、働き続けていたのだな、と思うと同時に、私は「違う世界にやって来た」という実感が湧いた。
 そうだ、私は三十一歳なのだ。日本を出てこれまでの十二年間、スペイン語もポルトガル語も関係のない環境で、息つく間もなく走り続けて来た。
 この大サンパウロの中で、学歴もない、言葉も喋れない、そんな私に何が出来る。おまけに、二人の子供を抱えて…… その仕事は、料亭しか思いつかなかった。明日から又、私はどんな道を歩くのか、想像もつかない。
 私は「花園」の裏の部屋、一室をあてがわれた。家賃も払わず、ここで寝起きしてもよいという。他にも二人の女が、並びの部屋に入っている。彼女たちは、着物の着こなしが何と垢抜けていることか! 同時に、その立居振舞いは様になっていて、見惚れるほど。私も着物をあてがわれて着て見ると、枯れ木も山の賑わい程度にはなった。身につけたこともない着物は、古株の姐さんが着付けを手伝ってくれた。

 部屋は階上が四部屋、階下は二部屋とカウンターのあるサロンになっている。仕事は簡単であった。主に、階上にある大部屋が、よく使われている。この二階へ、ボーイが身軽に、料理を運んでくると、これをそれぞれ女たちが、各テーブルへ並べて整えて行く。客が座敷に上がって来たら、私たちは給仕をするだけである。
 大部屋には、二十名前後の客が入ってくる。ここが一番多く利用されている。客たちは、取引を含んだ真面目な席が、殆どである。主に、商社、政治家、大会社の面々である。女たちは、客席の横でも後ろでもない辺りに、点々と座る。
 そして控えめに気を配る。たまに、芸の秀でた女が、踊りを披露したりする。他には、大した用はない。といって一見、穏やかに時間が過ぎていっているようで、結構、気むずかしい空気が隠れていることも多い。
 私は「こんな楽な仕事で給料が貰えるなんて、嘘のようだ」などと思いながら座っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4>2020年10月15日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<4> アジアを股にかけるネパール商人  「日本の商品はオリジナルで、品質に保証があります。また、日本人は言うことが二転三転せず、約束を守るのでとても信頼できます」と語るのは、ネパール人ラン・ハリ・サプコタさん(38、ヌワコット生まれ)。  大学卒業後、マレーシアで約10年 […]
  • 《ブラジル》大物麻薬密売人がパラグアイへ=仮釈放後に国外逃亡2020年10月14日 《ブラジル》大物麻薬密売人がパラグアイへ=仮釈放後に国外逃亡  サンパウロ州検察局と市警関係者が匿名で、州都第一コマンド(PCC)の主要メンバーである麻薬密売人アンドレ・ド・ラップ(以下、Aラップ)が、10日(土)にパラグアイに逃げたと述べた。11日付ポデール360ニュースサイトなどが報じた。  警察や検察によると、Aラップはパ […]
  • アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2>2020年10月10日 アジア系コミュニティの今=サンパウロ市で奮闘する新来移民ネパール編<2> 世界で仕事を見つける    「ブラジルではもう8年ほど過ごしました。そろそろ他の土地で仕事をしたいという気持ちもあり、日本も訪ねてみたいです」。“世界で武者修行”という言葉がしっくり来るのが、ネパールのタナフン郡出身のガネッシュ・プラサダ・グルンさん( […]
  • 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる2020年10月8日 《ブラジル》麻薬密売摘発での押収品競売=パラナ州だけで410万レ売り上げる  法務省が6日、麻薬密売の摘発で押収した品の競売による収益が史上最高になったと発表した。  一例は、パラナ州での競売での410万レアルに上る売上だ。この金額は、昨年10月以降に同州で押収した品282点を競売して得たものだ。競売にかけられた282点には、乗用車やトラック、バイク […]
  • 東西南北2020年9月25日 東西南北  ダッタフォーリャが24日に発表したサンパウロ市市長選の世論調査によると、セウソ・ルッソマノ氏が29%でトップに立った。同氏は2012年、16年の市長選でもキャンペーン直前までトップで、そのときはいずれも31%あったという。だが、その両年共、同氏は3位に終わっている。現職のブル […]