ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(47)

道のない道=村上尚子=(47)

 ところが、そこの社長の任期が終わり、次の社長がその家に入って来た。それが、あの叱りつけた人であったとのこと。
 前社長の話に戻るが、トイレで用を足しても水も流していない。頭にきたばあさんは、紙に大きな字で「用を足したら水を流すこと」と、トイレに貼り付けた。社長の他は誰もいないこのトイレにー
 息子というのが休暇を取り、アメリカからやって来て、彼はばあさんに料理を作ってやった。どうも本格的な西洋料理らしく、そうとう時間をかけたようである。息子は満足そうな笑顔で、その料理をばあさんの前に出した。
「食べてごらん、おばさん」
「私しゃあ、そんなもんは食わん」
「一口だけ食べてみて!」
 ばあさんは、一口食べた。根っから日本食以外の味が、ぴんと来ない。後は食べなかったそうだ。それはいいとして、ばあさんはその青年を、自分の仕事に使い始めた。週に二度、フェイラ(朝市)へ行く。荷物運びは、少しの賃金でやってくれるブラジル人がいる。しかしばあさんはこの青年を使い始めた。その日がやって来ると、息子はまだ寝ている……
「どうしたことな! 近頃の若いもんは! 起きなっせい」と叩き起こす。
 フェイラで買った色々な材料は、息子がカリーニャ(カート)に入れて運び、ばあさんは手ぶらで帰ってくるのだ。

 そんなばあさんの癇癪を、私もとうとう目撃した。もう彼女は目もかすんで、足腰も弱っている。
 ある日、やはり商社の社長が、お付の者たちと、食事をしていた。この時、テーブルを拭いているつもりのばあさんは、お茶の入った湯呑みを、ひっくり返した。社長の背広が濡れた。
「あっ、どうもすいまっせん!」
 と言って、布巾でその辺りの水気を掃除した。社長は、ぶつぶつと機嫌が悪い。しばらくして、又もやぶつぶつ言いながら、自分の背広の水気を払い落としていた。この時、ばあさんが声を上げた。
「ひとが謝ったのに、いつまでも文句を言いなはる! 大会社の社長ともあろうもんが、なんな! 私しゃあねえ、その辺りの馬車引きかなんかなら、言いまっせんよ、いい加減にしなっせい!」
 この小柄なばあさんの、どこからこんな気合が入るのか?

 ここは芸能人、ファッションモデル(ブラジルの)、有名な作曲家と、色とりどりの客が来る。団体の客は、二階の部屋が使われる。客の顔ぶれを見ただけで、巾広く名の通った店だなと思わせる。しかし「花園」と違って、気取ったところはない。女将は細身で面長、大きな目は、いかにも気さくで親しみがある。カラッとした話し方で、少々男っぽい。そこが客には魅力なのかも知れない。
 ある日、この女将が、外から心持「なよっ」として店に入って来た。真っ直ぐ私の側に寄って来て、
「ねえ、尚ちゃん! 今すぐ客が何人か来るから、その人たちを接待してね……」
 と、すがるような声。聞く所によれば、隣の寿司屋に用があって入っていったところ、
「おう! すごい美人! 隣の店か? なあ、オレたちも行って見よう!」
 と言うのが聞こえたとのこと。女将にすれば、そんなことを言われると、どう期待に応えたらよいか分からないらしい。それこそ、その辺の穴にでも、もぐり込みたそうな風情である。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(81)2017年2月10日 道のない道=村上尚子=(81)  やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。 「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服 […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]