ホーム | 日系社会ニュース | サウデ日語校から多数入選=日本の絵手紙コンクールで

サウデ日語校から多数入選=日本の絵手紙コンクールで

受賞者のみなさん

受賞者のみなさん

 日本文化に親しむ場として、絵手紙を取り入れているサンパウロ市のサウデ日本語学校から、多くの生徒が日本のコンクールで入賞を果たした。賞状を手にした生徒らが24日に来社し、喜びの声を届けた。
 応募したのは『第20回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞』。熊野筆で有名な広島県熊野町での行事で、例年当地からも、サンパウロ絵手紙友の会(石井恵子会長)の生徒らが応募している。
 今回は14人の児童が応募し、2人が優秀賞、6人が奨励賞を獲得した。優秀賞を受賞したフジタ・コウジくん(9、五世)は「絵はがきを書くのは好き。車の絵が一番難しかった」と振返り、「受賞できてとても嬉しい」と喜んだ。
 同校で指導する山本郁子講師は書道も教えているというが、「みんな書道よりも絵手紙のほうが好き。子どもは感性が豊かで飲み込みが早い」と誇らしげに話した。
 また今回は、大阪府泉佐野市での『第7回全国タオル筆で描く絵てがみコンクール』にも応募した。中古タオルと割り箸による筆で書いた絵手紙作品を競う企画で、奨励賞に西尾勝典さん、杉山洸英くんが選ばれた。
 石井会長は「下手でいい。心がこもっているかどうかが大事」と話し、「筆で描くため集中力が身につき、子どもの教育にも良い」と勧めた。筆の里絵てがみ大賞の受賞者は以下の通り(敬称略)。
 【優秀賞】萩野エステル聡美、フジタ・コウジ 【奨励賞】ヨシハラ・エリナ、ウケイ・メイ、キムラ・サキ、高木アナ、高橋健、エンヤマ・マイ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ市》警官が2、7歳の幼女を保護=両親の遺体の横で数日過ごす2020年9月30日 《サンパウロ市》警官が2、7歳の幼女を保護=両親の遺体の横で数日過ごす  29日未明、サンパウロ市東部イタイン・パウリスタ区で、男女2人の遺体が見つかり、そばにいた2歳と7歳の女児が保護された。  遺体が発見されたのはイタイン・パウリスタ区ジャルジン・ミリアンの民家で、亡くなった男性と同じ敷地内に住む男性の兄弟からの通報を受けて駆け付けた […]
  • 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も2020年9月30日 《ブラジル》コロナ感染者続発でサッカー試合中止?=裁判所の判断で試合は実現も  新型コロナウイルスの感染拡大のペースが落ちてきた事で試合が再開されたサッカー。だが、選手やスタッフが感染した場合は、陣容が整わないとか、濃厚接触によって感染が拡大するのを避けるために試合を中止して欲しいといった、やり取りが起こりかねない。  その一例が、27日の午後 […]
  • 《ブラジル》パラー州=連警が保健関連の汚職捜査=知事を含む要人らが対象に=12億レアルの不正契約?2020年9月30日 《ブラジル》パラー州=連警が保健関連の汚職捜査=知事を含む要人らが対象に=12億レアルの不正契約?  連邦警察が29日、パラー州での保健関連の汚職摘発のための一斉捜査を行い、エルデル・バルバーリョ知事(民主運動・MDB)を含む、州政府要人や公立病院などが逮捕や家宅捜索の対象となったと同日付現地紙サイトが報じた。  「SOS作戦」では、パラー州政府と同州内の公立病院の […]
  • 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔2020年9月30日 【日本移民112周年記念】「日本移民の日」に寄せて=在サンパウロ日本国総領事 桑名良輔  日本人ブラジル移住112周年記念に際し、御挨拶を申し上げます。   1908年に最初の移民船笠戸丸がサントス港に到着してから今年で112年となります。多くの先達の方々がこの広大なブラジルの地を訪れ、厳しい環境の中、幾多の困難を乗り越え今日のブラジル日系社会の発展の礎 […]
  • 東西南北2020年9月30日 東西南北  サンパウロ市市長選に立候補しているギリェルメ・ボウロス氏(社会主義自由党・PSOL)が、ボウソナロ大統領を批判したとして、連邦警察から事情聴取を受けることになるという。また、インタビュー中に「ボウソナロ、辞めろ」と叫び、話題となった女子ビーチバレー選手のカロル・ソルベルグが、 […]