ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(2)

道のない道=村上尚子=(2)

 又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。
 これほど、のたうち回って精神的に苦しむと、体に力が入っていて、なかなか肉体の方が治らないのだ。体をくつろがせてやるためには、相手の話を聞かねばならない。ところが、この聞くという仕事が、なかなか難しいことが分かってきた。いや、マッサージ以上……かも……親身になって聞いてやらないと、それが相手に通じる。つまり彼女の鬱積したものが、軽くならないのだ。
 それにしても、世の中にはこんなことも……と思うような話が色々出てくる。当たり前のことではあるが、この話を外へは広めない。これが又難しい。
 マッサージが終わると、客は来た時よりも、ずっと明るい。その笑顔が、すでに私への仕事賃を支払ったようだ! 嬉しい。

    カイロプラスチック

 マッサージ師は、若いブラジル人が増えてきた。今は客は一世を好む。けれども一世のマッサージ師もだんだん消えてきた。このリベルダーデ界隈のマッサージ師は、私ともう一人の一世がやっているらしい。なので、今のところ、私への需要はあるが、近い将来この新しい若手に実力がつくと、私の生活は難しくなってくるのが目に見えている。
 マッサージをやって九年、カイロプラスチックというのを身につけることにした。カイロプラスチックというのは、関節のズレを正しくすることによって、体の痛みをとる治療法である。この塾を、ピニェイロスで開いているというので、尋ねて行った。
 先生は「フェルナンド」という、五十歳の男性で、ブラジル人である。さすが力仕事なので、どっしりとした体格だ。背の高い丸顔の中で、微笑んでいる瞳が温かい。ここへ入れて貰って、第一回目、まず自己紹介をさせられた。生徒は、私を入れて十五名で、みな十代、二十代といったところ。職業についている者もあるが、学生も多い。男女半々くらいか、日系人も二人いる。自己紹介は、私の番が来た。
「ショウコ・ムラカミ、六十三歳」
 と言った。すると先生は、私に命令した。
「歳が聞こえん! もっと大きな声で!」
「六十三歳」「オー……」
 と皆の小さな、どよめきがした。どうやら先生は、年取った私がこの仲間に入っていることが嬉しいらしい。「どうじゃ! 諸君!」と云わんばかりの顔で、にこにこしている。授業は、三割が講義で、残りの時間は実技となっている。講義は半分も分からないが、必死にメモをしていった。メモといっても「このポルトガル語は、多分、日本語では……」といったもので忙しい。実技は生徒同士で行なう。

 一年もすると、すっかり仲間たちと打ち解けてきた。おかしなことに、私のポルトガル語を、いちいち又ポルトゲースに通訳する変な青年が出て来た。どうも私のポルトガル語は、みんなに二〇パーセントくらいしか分からないらしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(81)2017年2月10日 道のない道=村上尚子=(81)  やがて、二人で外へ買い物に出た。道を歩きながら、ひろ子がしみじみとした声で、自分へとも私へともつかず言っている。 「不思議ねえ……今なぜか昔ママイに色々してもらったことを、思い出しているよ。今まで何も思い出したことがなかったのに。例えば、六歳くらいの頃かしら、ママイが私に服 […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]
  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(74)2017年2月1日 道のない道=村上尚子=(74)  彼の体全体から、万感の思いがいっぱいに広がっているのが、私にも伝わる……父は、二個目を口に持って行った。少しすると、急にむせ始めて、トイレに行き、「ゲェー、ゲェー」と言い出したのだ! 私は父の背を「とん、とん」と軽く叩いたが、うまく行かない。父の首が倍に膨らんでいる。水を飲ん […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]