ホーム | 文芸 | 連載小説 | 道のない道=村上尚子 | 道のない道=村上尚子=(32)

道のない道=村上尚子=(32)

 そのうちに私はどんどん弱りきってきた。このままでは死ぬしかない……思い切ってドラム缶から出た。前が見えにくいほどの蜂の群れの中を、よろよろ逃げた。 
 この時、ふと庭を通り過ぎようとしたら、キナ粉餅のように膨らんだものが、力なくうごめいている。里子をわざわざ裸にして、日光浴をさせていたのを思い出した。蜂は二重、三重どころではなく子供にたかっている。里子は、蜂のために倍の大きさに膨らんで、泣くこともできないでいる。私は息を呑んだ。そしてすぐに意を決して、この子を蜂ごと抱いて逃げた。五十メートルも行くと、蜂の圏外に出ることが出来た。振り返ってみると、家の周り五十メートル四方は、空が暗いほどである。
 たまたま、野良仕事から帰ってくる若夫婦に出会った。この人たちは、ブラジル人で、すぐ向かいに住んでいる。とりあえず、その家の前にある庭の土の上に寝かされた。今、体に触れているその土さえ愛おしいほど、回りに感謝した。そのうち隣の住田のオバサンも駆けつけた。彼女は、私の頬に刺さった蜂の針を、こそげるようにして落とし始めた。たわしのようになっている。
「今死んだらだめよ。子供がいるのだから」と、声を詰らせている。
 その内、急に私の体がひきつけを起こした。周りから一気に「ぎゅーっ!」と押し寄せ、心臓のすぐ側でその力はぱっと散る。この発作が心臓にまで来たらおしまいだなと感じた。私は、急がないと危ないと、もうろうとした中で判断した。
「早く病院へ連れて行って……」 
 と力のない声で頼んだ。この時、私は生まれて始めて、わがままを言っていることに気付いていた。すると、
「あんたのマリード(夫)が、まだ池の方にいるのよ。みんなが連れて来たら、すぐ病院に行きますから」
 忘れていた……一郎は、あの時あのまま、近くにある池へ向かって走り、やはり水の中に飛び込んだと後で聞いた。私と同じようなことを、本能的に行動していた。不思議である。一郎は池の中で伸びてしまい、五人の男たちに抱えられる程であったらしい。死体と変わらない重さだったとのこと。人々は、赤ん坊を入れてあの三人の内、誰か欠けて帰るだろうと噂し合っていたそうだ。

 大学病院の無料受付の列に並ばなければならない。行列は、廊下の入口までが相当な人数で、更に入口から外へ延びているのこそ、本格的な行列という景観である。
 私は、車椅子に座らされ、行列に並ばされた。一郎や子供はどこにいるのだろうか。「きっとそれぞれ受付けてもらっているだろう」と思った。前列や後列から、しきりに、抗議の声が聞こえてくる。
 例えば、前のブラジル人のおばさんは「ああ、エウ・エストウ・モヘンド(私は死にかけている!)」と、感情を入れられるだけの元気がある。その横を、何の反応も見せないで看護婦達は、忙しそうに行き来している。そういった声を虚ろに聞いて座っていたのだけを、私は憶えていた。
 後で聞くと、里子だけは、医者がすぐに診察室へ運び込んでくれたらしい。そして三人の医者が、里子の体中に刺さった蜂の針を抜いたそうだ。三百三十まで数を数えたけれど、止めたそうだ。おかげで三人とも無事に帰って来た。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 道のない道=村上尚子=(79)2017年2月8日 道のない道=村上尚子=(79)  初めは、彼にも私のポルトガル語が分からなかったのだと思える。しかし、段々私式のポルトガル語が理解出来るようになったのであろう。人間、どんな難しい問題でも、訓練と慣れとで、解決して行くものである。このへんな才能を持った生徒が、私が一言喋るその度に、ポルトガル語で皆に通訳している […]
  • 道のない道=村上尚子=(36)2017年2月3日 道のない道=村上尚子=(36)  そうこうする内、人に貸していたアパートが空いたので、そこへ移った。色々、身辺の整理も終わった頃、数冊の私の日記帳が出て来た。特に、ここ一年間の日記は、癌病の父の介護、その闘いの日々であった。分刻みの看病のことが、克明に書かれていて、何か見ているとその日記帳そのものが、生きもの […]
  • 道のない道=村上尚子=(2)2017年2月7日 道のない道=村上尚子=(2)  又、女性の中には、精神的に参っている人が多く、私に馴染んでくると、身の上話をしたい女性が増えた。しかし、治療中に喋られると、私が集中出来なくて大変困る。適当に聞いとけばよかろうと思うだろうが、話している方は、布団を叩いて泣きながら話しているのだ。  これほど、のたうち回って […]
  • 道のない道=村上尚子=(74)2017年2月1日 道のない道=村上尚子=(74)  彼の体全体から、万感の思いがいっぱいに広がっているのが、私にも伝わる……父は、二個目を口に持って行った。少しすると、急にむせ始めて、トイレに行き、「ゲェー、ゲェー」と言い出したのだ! 私は父の背を「とん、とん」と軽く叩いたが、うまく行かない。父の首が倍に膨らんでいる。水を飲ん […]
  • 道のない道=村上尚子=(75)2017年2月2日 道のない道=村上尚子=(75)  私はそのとき、何か一瞬にして肩から覆い被さったものが取れた。父は、空の便器を引き寄せ、その中へ手を入れては、何かをつまみ出して、口に入れている……父の頭では、何か食べ物が入っているらしい。これを見て、私はいいことを思いついた。 「お父さん! ぼたもちばい!」  と、さも牡 […]